指揮を教えるとき、

私は「指揮の仕方」を伝えることはしません。

 

何故だか分かりますか?

 

 

基本的に指揮自体に

意味があるとは思えないからです。

 

指揮者はオーケストラを

リードしているように見えますが

 

指揮者は影響を与えることは出来ても

それはかなり限定的なものなのです。

 

では何を教えるか?

 

指揮者が前にしている音楽の、一番コアな部分

 

つまりエッセンスを理解できるよう

翻訳作業することが多いですね。

 

その時一番大事なのは、全体の設計図です。

 

音楽の全体を俯瞰し

カタチを知覚する能力の高さによって

指揮者の表現は変わります。

 

部分を見て全体が見えないとき

指揮者は音を指揮し始めます。

 

目の前の音を指揮する方法を教えてしまうと

人はその音に「心を掛ける」のです。

 

それは禅僧の言う「執着」のようなもの。

 

彫刻や器(うつわ)を愛でることが

何よりの音楽の訓練法なのは

これらの芸術作品が

常に「デフォルメされた全体」を

俯瞰する能力を高めてくれるからです。

 

私は19歳で楽美術館に行き

衝撃を受けました。

 

またイタリア人の彫刻家

ペリクレ・ファッツィーニの影響は大きいです。

 

もしあなたがそういった

分野を超えた世界観に興味があるなら

 

私がご紹介している

「クラシック音楽の処方箋②」を

是非ともご覧下さい。

トップページ

こちらから無料メルマガ登録いただくと

上記の処方箋②をプレゼントいたします。