世界で活躍するオーケストラ指揮者が語る「ボーダーレス時代のリーダーシップ」②-1 – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

世界で活躍するオーケストラ指揮者が語る「ボーダーレス時代のリーダーシップ」②

――昨年の暮れ、2015年12月11日に紀尾井ホールで行われた公演「シルクロードへの旅」を指揮された印象はいかがでしたか。マーラーの「大地の歌」の室内オーケストラ版新版を日本初演されたとして、音楽ファンの間で注目されていましたが。

村中 おかげさまで、来日して私たちOrchestra AfiA(オーケストラ・アフィア)と共演してくれた歌手陣も素晴らしい出来で、アフィアの新しい可能性を確認することができました。今後、マーラーの交響曲を少しずつ演奏していくつもりです。でも、その前にベートーヴェンやメンデルスゾーン、シューマン、シューベルトといったレパートリーを積み重ねていきます。
ところで、実は海外から朗報が届いたんですよ。

――何があったのですか?

村中 私たちOrchestra AfiA(アフィア)が、世界のクラシック音楽の団体が多数参加する「クラシカル・ネクスト!」(Classical Next!)で「イノヴェーション・アワード」にノミネートされたのです。非常にありがたいお話でした。連絡を頂いたのは、ちょうど先ほどお話しした12月11日の公演の打ち上げが終わった直後、ベルリンの本部からのメールによるものでした。
ノミネートの理由として挙げられていたのは、Orchestra AfiA(アフィア)が2013年から始めている「自然と音楽」(Nature and Music)のテーマがオリジナリティに富んでいる、ということで彼らの目に留まったのだそうです。

――「自然と音楽」をテーマに据えたいきさつを教えてください。

村中 2011年3月に起こった東日本大震災で、私はアーティストとして何もできませんでした。ただし当時、イタリアのパレルモ市のシチリア交響楽団(Orchestra Sinfonica Siciliana)で春の公演を指揮する予定だったのですが、そのプログラムのモチーフを急遽「海」とし、震災への追悼の意を込めて、ドビュッシーの交響詩「海」やブリテンの「海の間奏曲」を演奏したのです。
この演奏会で、私はドビュッシーの「海」を演奏する前に、聴衆に向かって「震災、特にその海の猛威によって失われた魂を追悼します」と語りかけました。やがて、曲が進むうちに気づきました。眼前に広がるイメージは、ただ「自然の美しさ」ばかりであり、「自然と向き合う自分の姿」しかないのだ、と。自然の猛威より、「自然との共生」に視点を向けるのが音楽の本来の姿だ、と実感したのです。
こうして「自然と音楽」のコンセプトが生まれました。そして「自然と対峙したときに人間が感じる心のあり方」をベートーヴェン以降の作曲家の多くが表現しようとしていることに着目し、私が音楽を演奏するときの中心的なコンセプトにも据えようと思ったのです。

――村中さんが「自然と音楽」を自らのテーマに据えようと思ったのは、そのときが最初でしたか?

村中 はい。ただし、ここに行き着く前、音楽家である自分にとってクリアしなければならない、たいへん重要なテーマが別にありました。
私は海外から日本に拠点を移すまで、ヨーロッパの地を転々として経験を重ねてきました。ウィーンに学び、ローマに住み、ロンドンで活動し……といった経歴の中で一番大切にしていたのは、「自分は誰なのか?」という問いに真剣に向き合うことでした。そうやって自問することが次第に習慣化し、あるときから、この問いは音楽家として世界で活動する上で最も重要なことだ、と確信するようになったのです。
でも、初めからそう考えていたわけではありません。自問のきっかけが与えられた最初の体験は、渡欧してウィーン国立音楽大学の指揮科で留学生活を始めた直後にありました。先輩のドイツ人指揮者から「お前たち日本人なんかにベートーヴェンがわかってたまるか」と言われたのです。

「横浜に新しいオーケストラを作る」と私が言ったとき、彼らは笑った。でも、私が世界のクラシック音楽の祭典で 「イノヴェーション・アワード」にノミネートされると…

続きはこちら!

ニュース レター月間Muranplanet 「指揮者村中大祐の世界」遂に創刊!

新規年間購読会員の先着100名さまには

「レコード芸術」誌推薦盤となったAfiA第一弾CDのプレゼント!!

画像の説明

10月20日までにお申込み頂くと

小冊子「CDを100倍楽しむための絶対法則」を差し上げます!

今すぐ、申し込む

方言の効能 – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

引越しの荷物から出てきた

司馬遼太郎全講演(2)という文庫本に

幕末の土佐人の特異さについて触れた箇所がある。

そこには

土佐という場所が生んだ人も文化も

それはみな

土佐弁から来たのではないか

という仮説に基づいている。

これ

面白いとおもいませんか?

言葉から文化が決まるっての。

私は関西人ですから

私の関西弁を受け入れてくれると

私自身ほっとするんですが

私の関西弁を受け付けない人がいるんですよ。

幼稚園の年長のとき

大阪から千葉に引っ越したんですが

道路を走っているトラックが

よく大根を落としているのを見かけましたね。

それを拾って帰っては

得意げに「今夜は大根の味噌汁!」とえばっておりまして。。。

千葉で関西弁をしゃべっていると

「イナカモン」と馬鹿にする輩が多かったのを思い出します。

それが関西弁を家の外では使わないきっかけとなりまして。。。

でも自分のアイデンテイテイはどういうわけですか

今も関西です。

自分の関西弁を受け入れてもらうと

ほっとするわけです。

外国にいきますと

いろいろありますが

自分のしゃべる言葉を

「へ?」と聞き返されるのが

一番腹立ちます。

多くの人はわかっていてもわからないふりをする。

これと同じことを日本で関西弁でやられるわけです。

この年になりますと

関西弁のイメージが定着しておりませんから

関西で関西弁をしゃべると

友人から

「その関西弁おかしい」と揶揄される。

それが「友情の決裂」に向かう第一歩。

そのくらい

方言というものは

自分の根幹を成すタイソウなものなわけですな。

以下

司馬さんの言葉ですが。

「土佐人の持っているどういう能力が

これらの文化を生んだのでしょうか?」

「おそらく土佐弁そのものにあると、

私はおもったりするのです。」

「土佐弁は非常に明晰な言葉ですね。」

「皆さんが平素しゃべっておられる土佐弁には、行くのかいかないのか、

よくわからんというような、そういう曖昧な言葉はないでしょう。

ほとんどありません。

赤か白かというように明晰であります。」

これ、司馬さんの土佐での講演だからですが

非常に興味深い話であります。

わたしは自称「方言でしゃべろう友の会」会長ですから

東京の街が方言によって潤う日を

楽しみにしています。

それこそが

自由への第一歩であり

「違うもの」を受け入れる第一歩であり

文明開化への第一歩だと思うわけです。

マーラーの生写真現る! – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

画像の説明

いや~びっくりした!

ウイーン時代によく日参した

Musikhaus Doblinger

ドブリンガーという楽譜屋さんがあって

そこの奥に中古の楽譜の山があるんですが

1912年のRichard Specht(リヒャルト・シュペヒト)による

マーラーの交響曲第8番「一千人」の分析本ってのがありました。

Anton Dübsky, Wien, Okt, 1921

と手書きで書いてあるから

おそらくこの時代のウイーンの方が

この日付で購入されたようで。。。

それを広げたら

ぽろ。。。

えっ???

上の写真(生でっせ!)が落ちてきまして。。。

というわけでマーラーの手紙です

An Arnold Berliner (Ohne Datum. Steinbach, 10. Juli 1894)

「アーノルド・ベルリナーに宛てた手紙(日付なし。シュタインバッハ、1894年7月10日の郵便印)」

Eben lese ich , lieber Berliner,in Eckermann folgende Worte Goethes,

今ちょうどエッカーマンの「ゲーテとの対話」を読んでいて

welche ich Ihnen in Erinnerung an unsere damalige nächtliche Exkursion in die Aesthetik mitteilen muß.

先日 夜な夜な君と美学論を交わしていたときのあの話題についてゲーテが言及していたんだ!

Goethe "über die Bedeutung der Bezeichnung von classisch und romantisch,

ゲーテ曰く「クラシックなものとロマンテイックなものの定義についてだが

das Classische nenne ich das Gesunde, und das Romantische das Kranke.

クラシックなものとはすなわち「健全」であり、対してロマンテイックなものとは「病的」と言いたい。

Das meiste Neuere ist nicht romantisch,

たいていの新しいものは「ロマンテイック」とは云えないね。

weil es neu , sondern weil es schwach, kränklich und krank ist,

それは新しいからではなく、性質上弱い感じがするし、病的に見えるから。いや、実際病気だからだ。

und das Alte ist nicht classisch,

古いものを古典的とは云わない

weil es alt, sondern weil es stark, frisch, froh und gesund ist.

なぜならそれは古いものだからでなく、非常に個性がつよく、新鮮で喜びに満ち 健康的だからだ

Wenn wir nach solchen Qualitäten Classisches und Romantisches unterscheiden,

もしわれわれがそういった価値基準によって、クラシックとロマンテイックにより分けるなら

so werden wir bald im Reinen sein.

やがて完全なる安心が生まれるはずだ」

Eckermanns Gespräche II. Teil, Seite 63 (Brockhaus 76).

出典:以上エッカーマンとの対話 第二部 63ページより

************************

以下マーラーの手紙が続く

Ich bin natürlich mitten im Arbeiten.

今当然ながら作曲の真っ最中だ。(交響曲第2番「復活」の途中)

Der 5.Satz ist grandios und schließt mit einem Chorgesang,
dessen Dichtung von mir herrührt.

第5楽章は壮大な曲となってコーラスの歌唱でフィナーレとなるが、その歌詞はいずれも私から生まれたものだ。

Bleibt strengstens unter uns (die ganze Mittleilung).

この話は我々の間の秘密にしてもらいたい。(ここで話される全てについてだ。)

Die Skizzierung ist bis in die kleinste Einzelheit vollendet
und eben bin ich daran, die Partitur auszuführen.

原案は細部に至るまで完成したので、今ようやく総譜の作成にとりかかったところだ

Es ist ein kühnes Stück von mächtigstem Aufbau.
Die Schlußsteigerung ist kolossal.

まったくもって巨大な構造をもった傑作だが、特に終結部の盛り上がりは見ものだ。

Anfang August bin ich in Bayreuth.

8月初旬にはバイロイトに居る

In Ischl traf ich mit Brahms zusammen.

イシュルではブラームスと会ったよ

Er war sehr interessant,ich erzähle Ihnen mündlich davon.

彼はとても興味深い人だがそれについては書面でなく直接話したいね

Birrenkoven erregt Aufsehen in Bayreuth,

ビレンコーヴェンはバイロイトでのデビューを成功のうちに飾ったようだ

die Cosima und die anderen hatten nichts mehr zu tun mit ihm.

彼によればコジマ(ワーグナー)達は、彼に何も付け加えることはなかったらしい。(マーラーはコジマの要請でワーグナーの祝祭祭典劇パルシファルのパルシファル役候補として、ビレンコーヴェンの準備を手伝ったようだ。)

Er singt übrigens die Eröffnungsvorstellung, nicht Van Dyck !

彼がどうやら初日の公演を歌うらしい。もうひとりの候補ファン・ダイクではないそうだ!

Lassen Sie von sich hören!

君の便りを待っているよ

Herzlichst Ihr
Mahler

親愛なるマーラーより

La macchinetta(ラ・マッキネッタ)というなの女 – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

近頃すっかり伊太利亜的なものが

俺の身の回りから姿を消しつつある。

そんな中でMacchinetta (マッキネッタ)の奴だけが

どう云う訳か、依然俺の生活圏内にしぶとく居座っている。

ぞんざいに扱おうものなら、何かもの言いたげに蒸気を吹き上げて

俺に対するその熱い思いだけは、どういうわけか本物らしい。

彼女は3人用だが、俺が毎日独り占めにしている。

ひたひたに水を浸してやると

底からぼこぼこと湧き上がってくるエスプレッソは、

普通のマグカップに半分ってとこだ。

それが俺の昼食後の適量。

甘さは砂糖小さじ2杯より少し多めに。

イギリスのミルクテイーに慣れたせいか

この上にミルクが加算されて、昼食後の目覚まし代わりとなるわけだ。

******************************

こいつは、どこに行っても手に入るし

味も何もかもが、伊太利亜に居たころと全く変わりがない。

極めて献身的で、裏切らないfedele=フェデーレ(忠誠を尽くす)な女と言えば

こいつだけだろうか。

形状からすれば女とはいえないかもしれないが。

まあそこは許されたし。

女性名詞なのだから。

*************************

今から一年ほど前、ローマのCastel Sant’Angelo(サンタンジェロ城)の前にある

Trattoria "Le Streghe" (「魔女の館」とでも訳しておこう。)で

いつものように友人の画家Sergio=セルジョと落ち合った。

その数日後二人とも殆ど同時にローマの街から旅立つことになるため

他の友人たちと別れの杯を交わすために、例によって「魔女」に集合というわけだ。

「ダイ、お前もローマから脱出か。

俺もだ。俺はストックホルムに行く。

俺達アーテイストは鼻が利くな。

俺は人生の大半をロスとローマで過ごしたが

ローマはかつての輝きを失った。もう用はない。

Qui dentro , c’e tutta Roma.

Dovunque vado, Roma è con me.

俺の中にローマが全部入ってる。

どこへ行こうが、俺はローマと共にある。」

******************************

セルジョよ。一年前のあのときは、お前の言葉に感心もしたが

実はマッキネッタさえあれば、この俺だってどこへでも行けるのさ。

俺は自分の中のローマをどこかへ持っていく必要はないし

俺の中にローマが全部入ってるわけでもない。

でもこいつがこの俺を裏切らず、この味を保って忠誠を誓う限り

俺は安心していつでもローマへと戻れるのだ。

味と香りの記憶。。。。

大したものだ。

メンデルスゾーン交響曲第3番のリハーサル風景 – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

https://m.youtube.com/watch?v=6dY8IXlU19s

メンデルスゾーン交響曲第3番「スコットランド」のリハーサル風景です。

http://clubmuran.info/index.php?CD#

この続きはこちらかどうぞ。