世界で活躍する指揮者の自己流兵法「Inside Out型リーダーシップ」のすすめ – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

画像の説明
世界で活躍する指揮者の自己流兵法「Inside Out型リーダーシップ」のすすめ

「裸で人様の前に立てるようになって帰っておいで。」

これは私をウィーンへと送り出してくれた明治生まれの祖母の最後の言葉だ。

モーツァルトの解釈で一世を風靡した師ペーター・マーク(1919~2001)は、

巨匠フルトヴェングラー(1886~1954)を知る数少ない弟子として

「指揮の極意はその眼にあり」など、祖母と同じく禅問答のような至言を数多く残したが、

私に何一つ教えようとはしなかった。独自に生み出した兵法以外、何の役にも立たないという訳だ。

幸運なことに、これまで幾度となく世界の檜舞台で素晴らしいチャンスが巡ってきたが、

我が師の教えは見事に的中した。

ある時など公演中の指揮者が失神して、気付いたら15分後には世界最高の音楽祭の指揮台に立っていたが、「自己流」兵法は常に拍手喝采を巻き起こす魔法の杖だった。

「自己流」であるが故に自分自身とひたすら向き合い、意外にも「キライな自分」を受け入れた瞬間、「Inside Out型のリーダーシップ」は誕生した。

昔フランスで受けたインタビューの中で「何故日本から優れた指揮者が生まれるか?」という質問に、咄嗟に「武士の刀を指揮棒に持ち替えただけ」と嘯いて見せたが、それは当時読んでいたのが「五輪の書」だったからだ。

宮本武蔵と言えば巌流島。だが私は吉岡一門を薙ぎ倒した「一乗寺下り松の戦い」に思いを馳せる。限界に挑む感動的な若武者の姿とは別に、

「集団(オーケストラ)vs個人(指揮者)」という興味深い構図が見え隠れするからだ。

ヨーロッパで指揮活動を始めた頃、私はオーケストラを「集団」として意識したことなどなかった。それが日本のオーケストラの前に立った瞬間、この圧倒的な群れの属性は社会の縮図であることを思い知らされ、個人の力など笑いたくなるほど無力なことに気付いた。

そんな時、力をくれたのは武蔵だった。

「十人が斬り込んで来ようとも、その一太刀一太刀を受け流して、どの一人にも心を止めない。」

この達人の教えにより「集団vs個人」という対立の構図は、

いつしか「個人と個人」の関係性に切り替わったのである。

それまでは「強いリーダーシップ」や「カリスマ性」が指揮者の代名詞だった。

だが現代は強いリーダー像より、自分のことばを強いメッセージに変えるアーティスト、自由になれない人々を集団の無意識の呪縛から解き放ち、そこに介在する不条理な見えないルールを打ち破るリーダーを求めている。

武蔵の一太刀の教えは、「自分の尊厳を守ることが、目の前に居る一人一人の尊厳を守る」意識に繋がることを気付かせてくれた。これはあらゆるリーダーに欠かせない感覚ではないだろうか。

ビジネスでは「ブルーオーシャンを探せ」と言う。

誰も手を出していない市場を開拓して唯一無二の存在となり、

そこでビジネスをするなら成功間違いなし、という考え方だ。

私にとってのブルーオーシャンは、「キライな自分」の中から生まれた、と言ってよいだろう。子供の頃に経験した自家中毒や人見知り、集団への苦手意識などは、Inside Outしてみると、そのすべてが指揮者としての活動にプラスとなっていった。かつて私を悩ませていたはずの「一番人に見せたくない」部分は、こうして私の一番強い武器に変わったのだ。「カリスマ」の時代が終焉するなど誰が想像しただろう。だが時代は新しい価値観を求めていた。  

あなたの「キライな自分」にも、時代のメッセージは隠されている。その「天才の宝庫」を魔法の杖に変えてみることはできないだろうか。「キライな自分」が武器となれば、あなたも人前で裸で立つことが可能になる。ずばり合言葉は「傷口を掴んでひっくり返せ!」。Inside Outで新たな時代の鼓動を生み出すのだ!  (航空自衛隊機関紙「翼」より)

 村中大祐(指揮者)©AfiA Office

【速報】11月13日(日)音のソムリエ茶会Vol.6開催! – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

画像の説明

お元気ですか?
指揮者の村中大祐です。

さて、11月13日(日)15時より横浜みなとみらいにあります
BUKATSU-DOにて「音のソムリエ」茶会Vol.6を開催いたします。

詳細・お申込みはこちらからどうぞ!
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/Koxri1xR

ところで年内の「音のソムリエ」茶会はこの11月13日のほかに
12月4日(日)15時からを予定しております。
お申込みはこちらからお願いいたします。
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/pgMyVppC

皆様とお目に掛かってお話できるのを心待ちにいたしております。
横浜の自宅より
村中大祐

追伸:先日10月公演についての感想をお送り頂けるようお願いしておりますが、
早速頂きましたので、ご紹介しますね。

「オーケストラは実演やレコードで何十年も聞いていますが
演奏技術の良し悪しなどはよくわかりません。
私の判断基準は指揮者とオーケストラと客席が
一体化したような緊張感のある演奏が聴けるかどうかです。

シューマンの交響曲第四番はフルトヴェングラー53年録音で
まだLPであったときに聞き、その演奏の恐ろしさに驚き
長い間聞けませんでした。
それでも10年位前にはFMで聞く事もあり
CDも揃え普通の演奏で聞くようになりました。
でもフルトヴェングラーの演奏にはまだ近寄りがたいものあがあります。

今回のシューマンの交響曲演奏は驚くべきものでした。
音楽がうねる波のように聞く側に押し寄せては
引き、ひいてはまた押し寄せるような感じでした。
時間がたってしまったのでその時の感想を表わした言葉も
ぼんやりしていて浮かんできません。

音楽が生きている、音が迫って来るだったか。でも印象は違いますが
この演奏はフルトヴェングラーで聞いた時の衝撃を思い出させました。
これがシューマンの第四番なんだ、やっと巡り合えた。
そんな気持ちでした。(書いていたらだんだん思い出してきました)
もう一つ驚いたのは音量がすごい事。ホールに入りきらないじゃないか。
良い演奏にたくさん巡り会えましたがその中でも、
これとこれは素晴らしかったとすぐに言える演奏は
僅かです。でもこの演奏はその中に入る演奏になると思います。

ブラームスのピアノ協奏曲はメジューエワさんの演奏の端正さ、
音の美しさ、情熱など良い所が十分生かされた演奏で大満足でした。
音がオーケストラの音に埋もれなかったのはオーケストラがバランスを
取ってくれたからなのでしょうか。」

皆様からの感想を是非お聞かせくださいね。
ありがとうございました!

2016年10月15日AfiA公演の感想 – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

画像の説明

先日の10月15日のAfiA公演について、

ある方からブログによるご紹介を頂いています。

年間150回を超えるコンサートゴーアーの

Bravoさん。AfiAのファンになって下さいました!

こちらからどうぞ。

http://blog.goo.ne.jp/bravo_opera_classica/e/6cc28b4783f5ebb352ceb480b5985de1

今ロンドンの気温は10度以下。

日本が暑かったので、当たり前の寒さが身にこたえますね〜。

公演後に引いた風邪が治らないまま動いたため

結構しんどい毎日でしたが、

明後日には帰国です。

久しぶりにロンドンのチップスを頂いて、御満悦です。

素晴らしい1週間となりますように。

村中大祐

Are you ready? – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

画像の説明
昨日ロンドンの友人と
Baker streetで2時間あまり喋りまくった。

内容は「日本の為に出来ることは何か。」で

やはり心ある人たちは、ちゃんとした日本との関わりを求めていた。

結局僕がやっている音楽も、世の中の役に立たないと意味がない。

そういう話を、エンジン全開で話せる相手が、

この地球のどこかに沢山いることは、

本当に幸せなことだと思う。

貴方はエンジン全開で理想を語り合い、

直ぐにそれを実現出来る仲間たち、

周りにいますか?

居ないなら、それは貴方自身がNot readyなのかもしれませんが、

もし準備が出来ているなら、直ぐに実現しましょう。

協力者は直ぐ其処に居ます。

そんなものらしいです。

リュッケルトの詩(7) Der Fall Rückert (2) – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

ドイツ人東洋学者フリードリヒ・リュッケルトは

30歳~31歳のとき、すなわち

1818~19年の間にローマならびに

ウイーンを訪れたことから

ハンマー・プルクシュタールという東洋学者に出会うわけだが

そのまさに1819年

このプルクシュタールが7年前に翻訳した

「ハフィスの抒情詩」(1812年)に影響を受けて

ゲーテの西東詩集が出版されている。

(ゲーテはプルクシュタールに師事している)

ゲーテ(1749~1832)が

1786年以降ローマに度々滞在したことは周知の事実であるが

その著作「イタリア紀行」が出版されるのは

まさに1816~17年のことだ。

「イタリア紀行」を読んだ影響から

リュッケルトが

1818年の殆どをローマで過ごしたと考えるのが自然だろう。

それほどまでにゲーテの影響が強かったのだ。

ゲーテに影響を受けた多くのドイツ人がローマ詣でをする中で

当時同地がドイツ人の社交の場になっていたことも見逃せない。

ドイツ国内では出会えない人たちとでも

ローマでなら

出会えて、人脈として繋がっていく

そういう場所であったに相違ない。

ちなみにリュッケルトはローマでCarl Barth(カール・バルト)という

彫金家で版画家(エングレーヴィングという版画の手法)に出会っている。

リュッケルトの肖像画で現存するものは殆ど彼の手によるものだという。

師と仰ぐゲーテの思いを胸にローマを旅した後

ウイーンで

ゲーテの師プルクシュタールとの縁に恵まれる。

誰かを憧れをもって見ること

そして

その行動に近づいてみると

不思議と己れの中のさまざまな点が

進化していくのに気づく。

そしていつかはその本人と交錯することになる。

こうしてウイーンで重要な出会いを果たしたリュッケルトは

プルクシュタールからペルシャ語を習い

故郷へと帰っていく。

その後1820年から26年までの間

翻訳業などに従事し

1821年にはLuise Wiethaus -Fischerと結婚

10人の子供を授かっている。

リュッケルトはこの時期

ウイーンで得たペルシャ語の基礎をもとに

何と

「コーラン」のドイツ語翻訳を始めることになる。