カターニアの歌劇場でリハーサル始まりました。 – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

画像の説明
さて、日本はまさに師走の忙しさだと思います。
お元気でお過ごしでしょうか?

私は昨夜遅くにイタリアのシチリアはカターニアに到着しました。

今回は新年明けのニューイヤー・コンサートを指揮するために

イタリアに3泊5日の強行軍をしている最中です。

昔修行時代、イタリアの歌劇場をあちこち動き回りましたが、

ここカターニアのTeatro Massimo Bellini歌劇場も、

パオロ・コーニ、マリア・グレギーナと言った一世を風靡した名歌手たちの胸を借りて、

今から15年以上前にヴェルディのオペラ「マクベス」の練習指揮をしたことが思い出されます。

経験というものは、買ってでもすることが、後に大きな財産となりますね。

今回のイベントは20曲近い楽曲を、短期で纏め上げられなければダメな仕事ですが、

もちろんカルメンやグノーと言ったフランス語オペラから、ウィンナーワルツが8曲、

ヴェルディの椿姫やナブッコの合唱曲、チャイコフスキーのバレエ音楽にオペレッタの数々。

昔の自分ならかなり手強いリハーサル内容も、オーケストラの協力で朝の2時間半で

そのほとんどが出来上がりました。

最近指揮する機会の多いイギリスのオーケストラにある器用さや洗練は、

また違った形でイタリアらしさの中に発揮され、極めて楽しい音のブレンドが聴こえて来ます。

夕べ夜11時ごろにホテルに入り、今朝は6時に劇場まで散歩。

明日コーラスとのオケ合わせを3時間ほどやれば、

明後日の本番に臨めそうです。

私は練習そのものより、オーケストラとの音楽的なやりとりを、

如何に自由にインスピレーションに溢れる形で実現できるか、が一番の楽しみです。

あまり練習はしたくないのです。

こう書くと驚かれるかもしれませんが、昔はそういう指揮者が沢山存在しました。

私が特に尊敬するVictor De Sabataデ・サーバタという指揮者は、

指揮する度に何か新しいアイディアを提供できる指揮者でした。

イタリア人としてトスカニーニの後にバイロイト音楽祭でトリスタンを指揮し、

コンサートでも大活躍した天才でしたが、ロリン・マゼールやセルジュ・チェリビダッケが

最も影響を受けたと証言しているのを読んだことがあります。

今思い返すと、私の指揮者としての、あるいはアーティストとしての信条は、

イタリアで培ったこの自由さなのかもしれません。

それは久しぶりにイタリアのオーケストラを指揮して見て、

よく理解できたように思います。

彼らを技術やマネージメントで押さえ込もうとしても、

イタリア人が生来持ったアーティスティックな感性を

封じ込むことなど無理なのです。

持っている才能と魅力を見せる他ないのです。

指揮者の勝利とは、彼らの持てる力を最大限に引き出した時であり、

イタリア人の場合、組織的な理屈や技術力などで纏め上げても、

相手にして貰えないのです。

リーダーではなく、アーティストの姿を要求されます。

イギリスは両方のバランスを求めますが、

日本は組織的な理屈を優先させようとするのです。

私が指揮者の立場からリーダーシップについて語るのは、

こう言った違いに目を向けることが、

日本人の新しい価値観を生み出すことに繋がっていくと

心から信じているからです。

来年は更にパワーアップしたリーダーシップのお話を

楽しみにしていて下さい。

良いお年を!

イタリアより

村中大祐

IMG_6466.JPG

年の瀬に思うこと – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

画像の説明

皆様、お元気でいらっしゃいますか?

自分の周りに居る人が、自分と似てないなー、と思ったら、それは自分が自分らしくない時の赤信号。

お気をつけくださいね。

そんなことが分かるようになったなんて。。。

でも33歳の私は一向に年を取る気配がありません。

頭の中は音楽があまりにも具体的に流れているからか、髪の毛の伸びの速さが尋常ではないとか。

音楽は身体に良い、というのはどうやら本当のようです。

でも33歳はちょっと言い過ぎか。

奥さんに怒られそうですね。(笑)

さて、最近自分の周りには「目に見えない」世界を司る人達ばかりがお集まり頂けるようになりました。

それが良いか悪いかは皆様にお任せしますが、

私的にはようやく自分の本当に在りたい姿を、

世間様に向かって表現できるようになった、ということの証だと思っております。

しばらくヨーロッパで放浪し、日本に帰ってきたときのことは、今でもありありと思いだされますが、

当時、周りの方が「目に見えるものだけしか信じていない」という事実には、正直かなりショックを受けました。

私が音楽を仕事にする上で、一番大切な核となる部分とは、「目に見えない世界を表現すること」だったからです。

そのために捨てたものも沢山あったはずなのですが、日本と言う国には、当時なかなか思うように自分らしくは居させてくれない空気感がありました。

何をするにも、厳しい環境です。競争も人一倍厳しく、皆が優秀なだけに、生き残るのは大変です。それはどの分野でも同じだと思います。

私は小さい頃から本質を見ることが当たり前で、誰もが同じことをするものだ、と信じておりました。

イタリア人は割合このような私の存在をそのまま愛してくれましたが、日本で当時私の周囲に居て下さった人達は、私の語る言葉の表の意味しか受け取らない方が、今考えてみると多かったように思います。

彼らに囲まれていた理由とは、実は私がまだ未熟で、自分の本来望む方向性を打出していなかったから、なのですね。

類は友を呼ぶ。やりたいことが何か?自分が分かって打ち出したとき、初めてそれに見合った環境や人が引き寄せられることを痛感しました。

新しい年の幕開けにあたり、自分の再確認ができて非常に嬉しく思います。

私たちの演奏会やイヴェントに今年、お忙しい中を足を運んでくださった皆様。ご協力やご尽力を下さった方々。

本当にこの一年お世話になりました。

皆さまには「目には見えないけれど、耳をすますと見えてくる世界観」を益々楽しんで頂くために、今後更なる精進を重ねて参ります。

来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

宇宙年 吉日              村中大祐

年始はイタリアでニューイヤーです。 – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

画像の説明

年末年始をイタリアで過ごすことになりました。
http://www.teatromassimobellini.it/dettopera.asp…
カターニャのテアトロ・マッシモ・ベッリーニで
元日のニューイヤーコンサートを指揮します。
どうやらヨハン・シュトラウス三昧です。…
同じシチリアのTeatro Massimo di Palermoでも
デビューはヨハン・シュトラウスの喜歌劇「こうもり」でした。
シチリアではシュトラウスがcavallo di battagliaかもしれません。(Cavallo di battaglia:戦う際に選ぶ馬のこと)

この劇場では今から15年ほど前に

ヴェルディの「マクベス」の仕事をしたことがあります。

その時の歌手陣たるや本当に凄い人達ばかり。

ソプラノのマリア・グレギーナやフテノールのフィジケッラ、そしてバリトンのパオロ・コーニという

当時の世界のトップ歌手たちを相手に音楽稽古をつけなきゃならない。

イタリアでヴェルディのリハーサルをすることで本当に緊張しましたね。

本来オペラという作業は、歌手の素晴らしさがあって成り立つもの。

指揮するのは難しいとは思いませんが、

歌手と稽古をするのは本当に大変でした。

そんな記憶が蘇ってきます。

素敵なクリスマスをお迎えください。

10月公演を聴き逃した方へ朗報です。 – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

今年最後の公演となった10月のOrchestra AfiA「自然と音楽」演奏会シリーズVol.11「Reの悲劇」は大変好評を頂きました。
意外にシューマンの交響曲第4番が良かった、と言って下さる方も多かったので、驚くと同時に嬉しくもありました。
画像の説明
「シューマンの高揚感が気持ちよかった!」という方が多いのには、お客様の感性にただただ驚くばかり。

盛りだくさんのプログラムでしたが、皆さま本当に楽しんでくださったのが伝わってくる公演となりました。

ブラームスを弾いてくださったメジューエワさんの見事な世界観を愉しんで頂けたのも、この公演の白眉と言えましょう。

この公演には多くのメジューエワさんファンが訪れてくださり、彼女が初めて披露するブラームスのコンチェルトの世界にどっぷりと浸かられた方々は、口を揃えてに「とても幸せな公演だった」とおっしゃっておられました。

その話を聞かれた方から、幾度となく「いつCDが発売されるのか?」とお電話やメールを頂きました。

そこで当日公演にお越しになれなかった方に朗報です。
この公演のライブ録音CD-Rを30名様限定で販売することにいたしました!
お申込みはこちら↓
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/nOZBYebN

画像の説明

この公演の模様はBravoさんが詳細にコメントしてくださっています。
http://blog.goo.ne.jp/bravo_opera_classica/e/6cc28b4783f5ebb352ceb480b5985de1