言葉少なに語るのは難しい。

今朝、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の演奏をかけながら

スタジオの整理なぞをして気が付いたのですが…

チャイコフスキーの音を聴くと、私たちはフッと心を動かされますね。

昔ストラヴィンスキーが「誰よりもロシア的」と言っていたチャイコフスキー。

メロディーを生み出す天才と言われる彼の作品のなかでも

このヴァイオリン協奏曲のメロディーラインはちょっと特別な気がします。

短調の暗い世界があっても、それが一瞬で深い味わいに変わる。

そんな抗しがたい魅力が彼の音には込められています。

そして聴く人を必ず希望に連れて行ってくれる。

彼の悲しげなメロディーには、そんな「ちから」があります。

また逆に、明るい旋律の中にはロシアの自然の厳しさや寒さを感じられて

そこからヒューマニスティックな、つまり人間の感情が生まれたりするのです。

音楽家としては、これは見逃してはいけない「音楽の作用」だと思いました。

ドイツ・オーストリアの音楽って全体の印象で聴かせるものなんですね。

旋律のなかに何かがあるように思って聴くと

あまり響いて来ないときがありませんか?

モーツァルトやベートーヴェン、ブラームスでも同じだと思います。

ひとつの旋律が幾重にも折り重なり、構造のなかで表現が出来上がるからなのでしょう。

でもチャイコフスキーは違います。

チャイコフスキーという作曲家が音楽史の中に存在しなかったなら?

きっとメロディーの中に「雰囲気」や「感情」を

私たちが見つけることはなかったのではないか?

そんな気がしたのです。

チャイコフスキーのメロディーは最初のワンフレーズだけで

何か「自分の知らない世界」、ロシア人たちにとっては「彼らの世界」へと

いざなってくれるような気がします。

だからハリウッドの音楽に多大な影響を与えることになり

それが後世の音楽の流れを決定づけることになったのではないか。

そんなことを考えていました。

音楽の雄弁な表現は、ベートーヴェンを筆頭に

後世の作曲家たちは彼を目指して生きてきました。

でもチャイコフスキーはある意味その枠を打ち破ったのですね。

画像の説明

先日書いたブログに素敵な方がコメントを下さいました。

「音楽家の役割について考えてみた」というブログへのコメントです。

”自分の文章じゃないのに、人が作った外国語の文章を日本語にして
読む人の心に何かを伝えること、が仕事の翻訳をしています。

一見、目に見える形の仕事ですが
実際には、目に見えないものを伝えるのが大事ですし、
そうできるようになりたい、と日々思っています。

私にとっての翻訳の原点は
トーベ・ヤンソンの作品を翻訳された
小野寺百合子さんです。
(「武官の妻」として、第二次世界大戦中に北欧で
戦争を止めようと懸命に生きられた小野寺さんご夫妻の日々が
昨年夏、TVドラマにもなりましたね…)

百合子さんの翻訳からは
登場人物の声が聞こえてきます。
描写される風景が鮮やかに浮かびあがり、
気がつくと、その中に入ってしまっています。
そして、言葉では表現しえない何かが
心を揺さぶるのです。

そんな翻訳の世界に
小学生の私は圧倒され、今に至ります。

音楽と共通するものが、あるような…。

鏡が曇らないように、心したいですね。”

これを書いて下さった畑中麻紀さんは私の幼馴染です。

幼い頃、ムーミンの国に魅せられて

その思いを自分の人生にして来られた方です。

多分そんな彼女の原点だとおっしゃる

小野寺百合子さんという方の書かれた言葉には

人の人生を動かすほどのパワーがあったのでしょうね。

言葉でも「全体」から何かを導く方と

一言で何かを伝えきる人と

色々なタイプが居るような気がします。

私は文章を書くのは嫌いじゃないですが

短い言葉で伝えるのは苦手かもしれません。

何だかそんなことを感じたので、覚書として書きました。

素敵な一日を!

私の仕事についての考え方

画像の説明

音楽家は見えない世界にアクセスすることができる。

昔よく朝礼で言われていた「想像力」ってやつを使うわけだ。

でもこの「想像力」って言葉、最近とんと聞かれなくなった。

昔は当たり前のように、この「見えないちから」を大切にする習慣があった。

もちろんエネルギーだって見える感じがするし、

相手の思いについても、指揮者だとオーケストラの人が何を思っているか

何となく分かったりする。

でも、それは別に難しい話じゃない。特殊でもない。

日本人にとっては、至極当然の、当たり前のことだったはずだ。

でもコンピュータの発達だか何だか知らないが

この「想像力」っていう「見えないツール」を使うことが

何だか凄く特殊に思えて来た。

なぜだろう。

楽譜があっても、実は音を出さないというか、

出せない指揮者だから思う事だろうけれど

演奏会の曲の準備をするとき、最近は殆ど音を出さなくなったように思う。

まるで本を読むように楽譜を書棚から引っ張り出し、

頭のなかで、自分の音にまつわる感情や思いを明確にして

オーケストラの前に立つことが殆どだ。

その準備期間には、昔だったら真っ先に聴いたはずの録音も、

まったく聴かなくなった。何千枚もあるCDが泣いている。

全く音というものを出さず

出すとすれば頭の中だけでガンガン鳴らす。

そんな私を家族は不思議そうに眺めてる。

横で見ている愛犬は、私が発狂したかと思って眺めているのではないか。

そんな風に感じるくらい、私の準備作業たるや、音がまったく出ない。

分からなくなると、もちろんピアノに座り、一通り弾いてみたりする。

でも大切なのは「何を弾くか」じゃなく「何を聴くか」でもなく

そこに「何を見るか」。

弾いていると残念ながら見えてこないものが多すぎるから、

楽譜を置いて、ただ頭のなかで夢想し、音を鳴らし、

ただひたすら「見る」作業をするのだ。

そうすると色々なものが見えてくる。

街とか自然。情景とか感情とか。

時には農夫たちが小躍りするような場面も見えたりする。

大抵一人の作曲家について書かれた文献を20冊くらいは用意していて

(なんて言いながらラフマニノフやシベリウス、スクリャービンなんて、

昔は殆ど書籍がなかったけれど、最近は随分増えたからありがたい。)

そういうのを読みながら、基本は自分でプログラムノーツを書き

絶対法則なんてのを作って、お客さまにお送りしたりする。

でも全ては「見えないもの」を、会場で「見てもらう」ためにやっていること。

感じて欲しいから。でももっと言えば、幸せになってほしいから。

書き終わった後は、2日くらいの練習、多いときでも3日の練習。

イギリスなんて1日の練習で本番。

じゃあどうやって練習するのか。

楽譜に見つけて来た私の「宝物」を、オーケストラの前に体ごと持って行き

何も言わずに自分が「見たいもの」を見るべく音楽を始める。それだけ。

講釈は一切なし。まずピアノを弾くように音を出すことから始める。

そうすると空間が響き始める。

気が付く人も、気が付かない人もいる。

でもAfiAの人達はアンテナがスゴイから、何か感じるのかもしれない。

そう思いたい。でも語ったりはしない。

そんなオーケストラの仲間から見えてくるものがある。

それは波動。あるいはバイブレーション。

別に怪しいイカサマを言っているつもりはない。

バイブレーションの高いものがくれば良し。

低いものなら改善する。そこで初めて語ることにする。

それは全てが自分の思った通りでなくていい。

目の前で演奏をしてくれる仲間がいて、彼らが持ち寄った宝物がある。

そんな彼らがくれるものの中から、飛び出して出てくるものも、

自分の当初のヴィジョンと一緒に、重ね合わせて見ながら、考えたりもする。

でも怖いのは、考えたりしていると、彼らから文句が出てくるわけ。

だから家で楽譜を置いているときに、自分の仕事、つまり考える作業は終わらせておく。

そうすると、彼らの前では考えずに始めることができて、

ある意味「無心」に近い状態、つまり「状況を受け入れる」だけになる。

そうやって彼らが出してくれる音を受け止めながら、

ある一つの世界観が生み出されていく。

すべては按配の世界。

でもそれでいい。

場の共有から生まれる真・善・美。

そこに様々な色付けがされるが

自分があらかじめ楽譜から喝破した世界と違ってくれば、

手直しはただひたすら、音楽用語で行う。

基本フォルテとかピアノ、もう少し長めに、とか言うだけ。

理屈なし。でもイメージはたまに伝える。そうするとガラッと変わる。

だから面白いなあ、と思う。

でも言葉で伝えると、前に居る仲間の音の生気というか、

「たましい」みたいなものが失われることも多い。

指揮者が指摘したせいで、ドツボにはまることが多い。

だから慎重に言葉は選んで、なるべく遠まわしに言う。

そういう意味では、私の言葉は分かる人には分かるが、

分からない人には分からない。

でも分からないと、仲間があちらから近づいて来てくれたりする。

それもまた、嬉しい。

でもおそらくだけれど、あまり分からない方が、相手の力が発揮される。

でも相手は私がそう考えていることを知らない。

それでも協力してくれる人達が居ることを

私は誇りに思うし、幸せに思っている。

そうやって今までやってきた。

これは私の矜持みたいなものだった。

これをやると、外国では当たり前のように受け入れてもらえた。

というか、そういうやり方を師から学んだように記憶する。

私はある時期までコンクールを随分受けて来た。

それなりに賞も頂いて、頭にのっていたが

結局イタリアの劇場で修行が始まると

指揮者に必要なものが何なのか?正直わからなくなったことがある。

非常に恵まれた環境だった。

まだ往年の歌手たちが舞台で残って獅子奮迅の活躍をしていた90年代。

いろんな人たちに会ったが、皆同じ「におい」を持っていた。

それは今思えば、芸術という、あるいは音楽という

「わからない」ものへの敬意だったように思う。

ギリシャ的な哲学や美学の前提となる真善美を云々する前に

心得事として覚えておかねばならない、

極めて大切な条件があるように思う。

それはソクラテスの言った「無知の知」である。

わからないもの。つまり真理。

真理の前には畏敬の念を持つべし。

私はノーベル賞を取った人達に共通する意識だと思う。

私たち日本人は、すごく一生懸命な国民だから

みんなで自分や周りに厳しくし過ぎるきらいがある。

そんなとき、ゆるーい枠組みを作っておくといいかもしれない。

私が日本に帰ってきたとき感じたのは、厳しさ。

でもそれが何か新しい価値や、優れた場を生み出すとは

到底思えなかったし、今でもそれは繰り返されていると思う。

例を挙げればきりがないくらい、毎日毎日ひとの厳しさが招く矛盾が表面化している。

そのためには、新しい空間や場、価値をもたらす活動が必要で、

それを続けるためには勇気と智慧、そしてもちろんお金も必要だ。

そして協力してくれる人達に恵まれることは更に重要。

2011年以降、震災による価値観の転換が日本を中心に起こったのは

偶然じゃない。

そこに意味を見出しながら歩いていくと、

同じ考えの人達にずいぶんと沢山出会うことができた。

皆が自分のミッションを考え始め、

家族を大事にし、感謝をし、

そして地球に住む人が全て繋がっていて

みんなで互いを大切にし合う意識が

突然表面化してきたように見える。

A.I.が出てきて仕事がなくなるとか言う人が多いなかで

私が仕事について思うのは、

皆がそれぞれに果たすべき役割を持って生まれてきていて

その役目に気が付くチャンスが遂に来たということだと思う。

テロや自然災害の意味。

技術力の発展の意味。

地球温暖化の意味。

そして自分の存在の意味。

そういったものが、毎日の生活の中でクリアになってくると

仕事の質や目的が変化してくる。

目の前で完璧を目指す、と人は言うが

「何のために完璧を目指すのか?」を問う人は少ない。

完璧はわかりやすい。

でも完璧では不完全なのだ。

自分を出て空に飛べ。

空から自分を見てみろ。

そうすれば、自分の立ち位置も見えてくるはずだ。

そんな自戒を込めたお話。

音楽家の役割について考えてみた

画像の説明
今日は音楽をする人の役割について話そうと思う。

あくまでも私見だから、気楽に聴いてほしい。

ひょっとしたら他の分野でも同じことが言えると思うから

自分の分野でも同じなら、コメントを残していって欲しい。

音楽に関わる人、特にシンガーソングライターではなく

作曲家でもなく、書かれた曲を再現する「演奏家」ってなんだろう。

自分の曲じゃないのに、人が作った曲を演奏して

お客さんの心に何かを伝えることができるって

凄いじゃないか。

人が演奏をするとき、何がおこるか?

書かれた曲が放っている光を見つけることから始まる旅。

その光を自分の鏡に映して

お客さんの心に届けるのがお役目。

自分の鏡が曇っていると、お客さんが作品の正体をつかめない。

だからこの仕事は怖い。

よく無私でなきゃならない、とか言う人がいる。

そういう人には「お前がやってみろ!」と言いたい。

無私なんてものには意味がない。

仮に意味があったとしても、言葉で云々するようなもんじゃない。

自分がハッキリしてきて、初めて鏡を磨くことができるのだから。

無私ってのは、その先の話だろ?

自分が何者か。何を目的に生まれてきたのか。それを知ること。

そして思う存分自分を自由にし、鏡を磨く。

自分が自由になると、鏡は美しく輝く。

その鏡の輝きに、自分が喝破した本質を照らして

人々に伝えるのが役目。

音楽って目に見えないから、それができる。

音楽家ってスゴイと思う。

だから、そのスゴイところをもっと見てほしい。

言葉で伝えようと思って書いているけれど、

本当は見えない世界を感じて欲しい。

その見えない世界を理解し、共有するために、

私たち音楽家が存在しているのだから。

お友達価格〜国際関係の裏ワザ – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

画像の説明
日本でもおなじみの

「お友達価格」という言葉。

果たしてこれが国際政治の舞台で通用するか。

いわゆるメタファーですが

仲良くしておくことは

いいことなのです。

皆さん、確か覚えておられるかと思いますが

アメリカがワールドトレードセンター崩壊後に

アフガンに派兵したとき

日本の小泉首相とイタリアのベルルスコーニ首相が

こぞって当時のアメリカ大統領ブッシュさんに

協力を申し出ました。

このとき左翼から極右とされたベルスコさんですが

どうでしょう。

プーチンさんとも仲良く、

メドヴェージェフさんとも仲良く。

うまい!

これは見習うべきではないでしょうか?

ところで

ロシアの帝政時代について

パリとの関係について

ある記事が面白いと思いました。

ピエール・モントウーと言えば

ストラヴィンスキーのペトルーシュカや春の祭典といった音楽を

初演指揮した有名な指揮者ですが

以下モントウーのことについて触れた記事です。

In 1911 , the year Monteux began his association with Diaghilev by conducting the premiere of Strawinsky’s Petrushka, he founded the first concert series of his own; eventually it would be called the Concerts Monteux, just as other conductors~Pasdeloup and Colonne, later Straram and Koussevitzky ~ labeled their Paris series with their own names, but initially Monteux called his the Concerts Berlioz.

While Monteux identified Brahms, Beethoven and Wagner as his favorite composers, and resisted being confined to the French repertory in certain situations, he did have a deep affection for the music of his compatrirots, and a virtually unique authority in much of it. There is hardly a need to list the reasons Berlioz was the French composer he revered most, but it might be noted that his own rise was part of the chain of events initiated by Berlioz’s visit to Russia in 1867, the remarkable cross-pollination of French and Russian music that eventually led to Diaghilev’s presence in Paris and his commissioning of music from both French and Russian composers.

It was Monteux’s part in Diaghilev’s enterprise that made him a standard-bearer in that thriving Franco-Russian tradition.

というわけで

文化も結構役に立つわけです。

ベルリオーズがロシアに行ったから

デイアギレフがパリに来たのかどうか。

ちょっと調べてみる必要はありますが。。。

でも私は知りませんでしたから

おもしろい話ですよね。

さあ、日本をどうしましょうかね。

維新もいいんですが

前にも書いたんですが

そのエネルギーは極めて極端なエネルギーですね。

「誰も殺さない」つもりだった龍馬の考え方は

友好的っていうんですか?

維新の滾るような迸るようなエネルギーを

時間をかけて

別の方向に逸らすつもりだったのが

龍馬さんではないですか?

人を守り、愛し、育て

海外と交易して日本を豊かにする。

でも深いところで「日本が遅れている」っていう

共通認識っていうんですか。

そういうものを昔も今も持っているのでは?

日本は遅れてないですよ。

凄い国です。

だからあまり過激にならず

うまくやりたいですね。

リーダーシップ論その3 – Muranplanet – 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

画像の説明

リーダーシップ論その3

こちらは全文お読みいただけます。

http://courrier.jp/news/archives/51204/

追伸: おそらく今年2月をもって

「音のソムリエ茶会」を終了致します。

次回は1月29日15時から

横浜みなとみらいBUKATSU-DOにて行います。

これまでご参加いただきました皆様、

誠にありがとうございました。