今日はダニエル・バレンボイムさんとエドワード・サイードさんの対談集「Parallels and Paradoxes」を引用してお話ししています。コスモポリタンにとっての故郷とはどこになるのか?そして言葉との関連について、私の体験からお話ししたんですね。やっぱり日本を知るには外国に出てみるのが一番です。そして日本や自分を俯瞰的に見つめてみる。外国語を学んで、本質的な違いに「感性」を用いて迫る。そうすると日本が変わる。自分が変わる。そんなお話です。むーらん