Vibration【波動について】

どうも。村中です。

今日は頂いたお便りをご紹介しますね。

=============

兵庫県明石市で
『楽音響室』という、丹田を意識することで、人の本当の輝く声を出すことを目指したレッスンと、
明石駅前で毎週月曜に、フリーハグの活動をしています、
木南和子と申します。

私はこの世に愛を学びに来た、と思っていて、その想いと同じくらいに恐れを強く持っていました。
以前はその「恐れ」を、持っていてはいけないものだと、否定していました。
今は、「私はこの地球に、全ての感情を味わいにきた」に変わり、「恐れ」の感情がなければ、「愛」の感情も、その対極にある、「無関心」の感情もわからないのでは、と思っています。
子どもの目にも笑顔を向けられるようになってきました。

村中さんの投稿に新しい刺激を受けたのか、自分を大事に出来るようになってきて、私の額の深く刻まれた横皺が、薄くなってきました。
廻り合わせを、ありがとうございます✨✨✨

==========

木南和子様

ご連絡ありがとうございます。
なるほど。
誰もが互いに気付きを与えあうことになるのですね。

響きというのは、今日面白い話を聞きましたが
昔から江本さんが「水の波動」について
結晶などを写真に収めたものを
日本中に配られていました。

テーブルの上のコップも
波動、つまりは
Vibration(振動)で出来上がっていて

響きも振動であるということ。

身体の中の異常があると
そこの「振動」が
他の部位の振動と異なることを
今現在では
医学の中で実際に
英国で研究開発された方がおられて
それが医学の治療法として
日本でも取り入れられているようです。

怖れの波動は
身体の回復によくない。

それは実際に介護をしていても
毎日わかります。

現在位置が確認できない不安。
認知症などの一番大きな心的問題は

実際にはこの

【現在地が確認できない不安】が

一番大きなもののようです。

それが「うつ病」になる原因でもある。

認知とは「場所や時」がわからない病気だったり

記憶だったりしますが

覚えてない、ということよりも

【今どこにいるのかわからない】ことが

一番辛いようです。

これは認知症だけではないのですね。

心のステージ、成長のステージは

らせん状である、と人は言います。

同じところをグルグル、グルグル回って

毎回執拗に人生の課題が巡ってきますが

それをクリアすることで

人は階段を一歩、また一歩と上に登ることができる。

それを人は「人生の螺旋階段」のように解釈しますね。

「どうも今回はステージが上がったみたいだ。」みたいな言い方をします。

それは現在位置が分かっているからこそ

成長できた、その結果なのですね。

==========

現在位置がきちんと把握できること

==========

これが無茶苦茶大事だということになります。

人間が悩んでいるときは

現在位置がわからないんです!

だから今どこに居るのか。

それを探し出すわけです。

その方法を知りたい人は

明日のブログをご覧ください。

今週のブログで少しだけ解説しますね。

人生は悩みだすと、自分の位置が見えなくなる。

自分の「人生の位置確認」ができないから

不安になって

精神的な病が増えるわけです。

それはクスリを飲まなくても

ある程度まではクリアできると

私は信じています。

怖れとは「位置確認」をすることで

クリアできることが多いようです。

今週のブログ、楽しみにしていてくださいね。

今日も素敵な一日を!

村中大祐

追伸:今日から2月10日過ぎまで

有料会員の方のための

コンテンツサイト

【指揮者村中大祐有料会員サイト】の

一般先行予約を始めています。

普通は優良顧客のためのコンテンツサイトなんです。

あと10名のみお申込み頂けます。

==========

会員登録ページ

==========

こちらからどうぞ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です