リーダーのカタチ、もう変わってるのに気付いてる?

画像の説明
明日4月9日(日)15時から「音のソムリエ茶会」でお話しする内容は、まあ言ってみれば、「指揮者の変遷から見た21世紀のリーダー像」みたいなものだ。

これまで「継承と創造」について、割合に詳しくお話してきた。
それはそれで、自分の経験に基づいたストーリーがあるからこそお話ができるのであって、誰かから何かを受け継いだハッキリとした記憶というか意識がないと、なかなかに気が付けないものだと思う。

私はウィーン時代に大指揮者、ブルーノ・ワルターのスコアを研究し、その殆どすべてを自分のスコアに書き写す作業を、指揮科の授業をさぼってやっていたことがある。半年くらいはかかっただろうか。

そんなある時、ひょんなことから亡くなった指揮者のカルロス・クライバーにお会いしたこともある。そのスコアの存在を知っていたクライバーが、やはりワルターのスコアやパート譜を研究に来ていたのだ。

私はワルターのマーラーのスコアに時折出てくるflott(速く)という言葉やwarm(温かく)と言った表情を指し示す書き込みを見ながら、本当に当時感激していた。

でもこの作業から得られたものは、意外にももっと別なところにあった。

ワルターのいくつかの書物や、マーラーについての伝承を読むにつれ、ワルターがいかにマーラーから多くを得たかを思い知ったし、ワルターが指揮したモーツァルトのドン・ジョヴァンニのザルツブルク音楽祭での録音や、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場での録音を聴いてみると、いかにワルターが素晴らしいモーツァルトの伝統をマーラーから受け継いだかがわかるというものだ。

それを受け継いだのは、実は他でもない、日本人のある世代には熱狂的に受け入れられているカール・ベームである。

指揮者にはもう一つの重要な流れがある。

マーラーとニューヨークで覇権を争ったトスカニーニに端を発した指揮者像だ。実はこのトスカニーニ、マーラーをある意味ニューヨークで追い落とし、アメリカでも大成功を収めるのだが、ナチスがドイツで政権を掌握するまでは、ヨーロッパの覇権は彼の手中にあった。

フルトヴェングラーの名前が出ないので、おかしいじゃないか、と言う方もおられるだろう。だが、フルトヴェングラーはある意味ワインガルトナーやマーラーと同じく、作曲家兼指揮者の部類であり、少し流れが違うというのが私の見解である。

トスカニーニの事実上の継承者と言えば、メトロポリタン歌劇場で20代半ばからワーグナーの指揮を一手に任されていたエーリッヒ・ラインスドルフの名前が挙がる。彼のワーグナーを聴くことは、ある意味トスカニーニのワーグナーを聴くに等しい。
彼がザルツブルク音楽祭でトスカニーニのアシスタントとして動きながら、その後ボローニャ歌劇場で指揮をしていたことは、何よりの証拠である。そしてもう一人、ゲオルク・ショルティがいるが、ショルティはむしろヨーロッパで、戦後ユダヤ人として独自の地位を築き、その姿は同じユダヤ人のラインスドルフとは対照的だ。いずれもトスカニーニの影響を色濃く残した指揮者だという意味で、「継承者」なのである。

ナチスドイツに加担したフルトヴェングラーとカラヤンは、いずれも戦後活動停止処分となるが、二人ともイタリアを極めてよく知る指揮者として有名である。
フルトヴェングラーは父親が考古学者ということもあり、成長期のかなりの時期をイタリア・ローマで過ごしている。

またカラヤンはその戦後の演奏停止状態の間に、イタリアのトリエステで旅行ガイドをやりながら生計をたて、かつてのレパートリーの習熟に務めたという。

私がトリエステに90年代に仕事に行った際、ヴェルディ歌劇場のデ・バーンフィールド男爵と知り合ったが、男爵はカラヤンと昵懇の間柄で、彼がカラヤンをミラノ・スカラ座の芸術監督で指揮者のヴィクトール・デ・サーバタに紹介したことは、周知の事実である。カラヤンは実は、ミラノから戦後の逆転劇を開始するのだ。

このカラヤン以前とカラヤン以降で、指揮者像がどのように変化し、現在の潮流がどのようなものであるか。
これを知ることは、極めてこれからの世の中の変化にとって重要な話となるように思う。

ある特定の指揮者のポストが、これまで現代社会に与えて来たインパクトがいかに大きいものであるか。

因みに一つの例をお話しよう。

現ローマ法王の前任者は、実は辞任しているのをご存知だろうか?

その前に重要なポストを辞任したのは、実はベルリン・フィルの常任指揮者、クラウディオ・アッバードである。

カラヤンの時代、ローマ法王とベルリン・フィルの常任指揮者は
終身制であったのだから、アッバードが体調を理由に次の指揮者に常任指揮者の職務を引き継いだ、ということは、実は革命だったと言える。

貴方はその時代の変化に気が付いていただろうか?

そんなお話を中心に進めていくので、是非ともお楽しみに。
(あと2名様のみ残席あり。)
ご興味があれば、こちらからどうぞ。↓
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/HE8kjtqB

そこの貴方、時代遅れのリーダーやってませんか?

画像の説明
昨日は定例茶会の日。
ヨコハマみなとみらいにある
BUKATSU-DOというコミュニティ・スペースで
月一回、恒例となったお話会が行われた。

「ボーダーレス時代のリーダーシップ」と言えば
表題は長ったらしいが、まあ許して欲しい。

参加者の方とお話ししながら進めていけるのは
何よりチカラになる。
アウトプットだけでなく、インプットもしながら
話を進めることに、少しずつ慣れてきたような気もする。

リーダーの存在は時代とともに変わってきたと思う。
指揮者像の面白い変遷の歴史の中に
私としては感じるものがあって
それを是非お伝えしたいと思ってきた。

でも何より皆がリーダーというものに対して
持っている先入観が邪魔をしているようだ。
そうすると大切なことを見落としてしまう。

話を聞いていても、「自分が答えを知っている」と
感じる人が少なくないはずだ。
リーダーというものは、往々にしてそういう種族でもある。

だが、リーダーシップについて語るとき
何よりも大切なのは、「新しい考え方」を
純粋な気持ちで受け入れてみること。

それができなければ、イノヴェーションは起こらない。
音楽を聴くのも同じことだと思う。

先入観で聴くのではなく
私が「指揮者の通信講座」その1でお話ししているように
自分の感性で読み取っていく。
けっしてアタマで考えて理解するのではない。
感じることだ。

そして感じることほど、難しいことはないみたいだ。

リーダーシップについての先入観で
一番困るのは
みなが「リーダーシップは個人と集団の関係性」と認識していることかもしれない。
どうしても個人と集団を前提として
話を聞きに来られる方が多いように思う。

だが、そういうリーダーシップをお求めなら
おそらく私の言いたいことが伝わらないような気がする。

村中流のリーダーについてのお話は
実は1対1.つまり個と個の関係性なのだ。

なぜか?

村中は集団が怖いからだ。
集団が怖いやつが、リーダーについて語る。
そんなバカな話があるか!

そう思われるのも当然なのだが
そうやって指揮台に立っている偶然性を
俯瞰的に眺めてみると
実はいろいろなことがわかってくる。

指揮台に立つまでの、たくさんの感覚。
何が指揮台に立たせるのか。
どういった感覚が音に結びつき
それが指揮者という形で表現されうるのか。

これをお話しするのは
私にとっても数多くの発見があり
リーダー像に新たな一ページを加えることが
できるという確信がある。

その昔、宮本武蔵が一条下り松で
多くの剣士と相対したとき
相手を集団としてではなく
個としてとらえ直し
1対1の戦法を使ったことは有名だが
まさにその考え方で集団と相対するには
どういった感覚や思考のプロセスがあるのか。

たぶんそうお話しすれば、少しは観方も変わるのだろうか。

いずれにせよ、茶会でこれから続くであろう
リーダーシップ論議。

次回のブログでその内容について少しずつ
お話していこうと思う。

今日はここまで!
素敵な一週間を!
ヨコハマの自宅より         村中大祐

p.s.そうだ!3月3日は村中大祐指揮Orchester AfiAの新譜が発売される。前回のCD録音は神奈川県立音楽堂を使ってのライブ録音だったが、この第一弾CDはすでにアマゾンなどで在庫がなくなっていると聞く。弊社ではまだ購入可能だ。音楽評論家の宇野功芳氏が生前に絶賛してくださったお蔭だと思っている。感謝。

前回の改善点として、その残響については、さらに満足のいく音響を求めて東京赤坂の紀尾井ホールに拠点を移してみたが、これは大正解だったと思う。今回の第二弾CDは、そういった意味でもまさに満足の行く出来なので、是非お手元において聴いてみてほしい。Orchester AfiAの音楽が、いかに素晴らしいか、お分かりいただけると思う。

どうせなら、クラウディオ・アッバード指揮のベルリン・フィルの1990年代の演奏が、ドイツ・グラモフォンから出ているから、聴き比べてみてほしい。その比較の結果は貴方の感性次第。でもAfiAの音楽家集団は、おそらく世界最高峰のはず。十分にベルリン・フィルと真っ向勝負ができるはず。

それを堪能していただき、「元気が出た!」と言っていただければ、私たちは報われたというもの。

緑のCDは第一弾。こちらはセットメニューでお得。
赤のCDは3月3日発売の新譜。
画像をクリックして是非詳細を見てほしい。

画像の説明

auto_6QaGbt[1]

継承と創造「ボーダーレス時代のリーダーシップ論」

画像の説明

指揮者の世界にはいろいろなパターンがあるように見えて、
実は一つの法則が存在するのをご存知ですか?

それは「継承と創造」の2語に集約されます。
継承はある意味「型」ですが、
その型を打ち破る創造性が必要とされます。

前回「茶会」でお話したのは
そういったお話の骨格となるものについてです。

このブログでこれから少しずつ、
そういったお話をしていこうと思います。