カテゴリー: 指揮者の交渉術

【号外】カラヤンの仕事術

From:村中大祐 私が交渉術について書き出した理由は ニュースレターの「カラヤンの仕事術」の中で 指揮者カラヤンが若い頃 格上の相手と交渉する様子を かなり克明に書いたのがきっかけです。 カラヤンという人は今では伝説で […]

指揮者の交渉術㉓「夏の苦い思い出」

From:村中大祐 夏がくーれば思いだす。 この歌のこの歌詞。 有名ですが実際に思いだしてみると 必ずと言っていいほどに 同じエピソードが出てきます。 昨年も、その前も 暑い季節が来ると思いだすエピソード。 あなたにもそ […]

指揮者の交渉術㉒「絶対音感について」

From:村中大祐 私はブログで常に天才モーツァルトのことを 「モーちゃん」と呼んでいますが 今日は私の中学校時代、友人で やはり天才モー君の話。 分厚い黒眼鏡をかけた彼は 特異な集中力を持つ個性的な人で 物理などの理科 […]

指揮者の交渉術㉑「ジャパン・オリジナル」

From:村中大祐 昔日本人はエコノミック・アニマルと呼ばれていたっけ。 そんな時代を覚えているひとが 今どのくらいいるのだろう? 時の流れというものは 不思議なものだ。 ゆっくりと流れる時もあれば せわしなく流れる時間 […]

指揮者の交渉術⑳「時間を掌握する」

From:村中大祐 昨日Kayokoさんから頂いた質問にお答えする形で 今日のこのブログは始まりました。 「村中さんの外国の話が好きです。  どの話も上手で好きですが、  どうも個人の問題なのか、文化の違いなのか  村中 […]

指揮者の交渉術⑲「異国の街と交渉する方法」

From:村中大祐 ローマの街を初めて訪れたのは ちょうどペスカーラという街で ベートーヴェンのプログラムを指揮し終えた その直後のことでした。 文化庁芸術家派遣制度で 国から派遣されることが決まったのはいいんですが そ […]

指揮者の交渉術⑱「Ieri Oggi Domani 昨日・今日・明日」

From:村中大祐 日本の友人たちに昔よく質問したのは 世界のどの国が日本に 一番似ているか? という質問。 あなたならどう答えますか? ウィーンに居た時は ドイツと答える人が多かったような気がする。 ロンドンに居ると […]

指揮者の交渉術⑰「島国ど根性」

From:村中大祐 2011年、東北大震災の2か月後、私はシチリアに居ました。 Orchestra Sinfonica Sicilianaシチリア交響楽団と 震災の追悼演奏会をするためです。 そこで「自然と音楽」のテーマ […]

指揮者の交渉術⑯「ゆらぎの美学と戦略論」

From:村中大祐 数年前のある日のこと。 友人の編集者に連れられて 「兵法研究会」という場所に入門した。 師範代は守屋淳氏。 ご存知の方もおられるかもしれないが 日本経済新聞社などから ベストセラー 最高の戦略教科書「 […]

指揮者の交渉術⑮「点と線」

From:村中大祐 今になって思えば 自分のやり方があって良かったなと思うんですが 人と違う方法を選び取ることは よほど勇気がないと 大抵の人はめげて 途中で投げ出すのではないかな? と思っています。 それは自分が不安に […]