指揮者の交渉術⑲「異国の街と交渉する方法」

画像の説明




From:村中大祐

ローマの街を初めて訪れたのは
ちょうどペスカーラという街で
ベートーヴェンのプログラムを指揮し終えた
その直後のことでした。

文化庁芸術家派遣制度で
国から派遣されることが決まったのはいいんですが
それまで6年住んで足場となったウィーンから
全く異質な街であるローマへと拠点を移すことは
当時の私には冒険以外の何ものでもなかったのです。

ただ、ちょうどウィーンで音楽三昧をした後
イタリアで仕事が始まり
急に「日本」が自分のなかで枯渇した感じになったのですね。

何もかもドイツ語で
何もかも音楽漬け。

そんな毎日の中で
23歳までの自分の日本観みたいなものでは
やっていけないような気がしてきたのです。

それで当時は研修先として
誰も選ぶことがなかった
ローマという拠点を選択したのです。

なぜならローマには在外公館があるから。
日本の書物なども図書館に行けば見つかるかな?などと思ったり。

ちょうど仕事でローマ以南の街ペスカーラに行った帰り
ローマで家を探しました。

自分が住む場所を選ぶためだけに
とにかく半日で家を決めるという
暴挙に出たんですね。

よくもまあ、やってのけたものです。
半日でローマの家探し。
観光する余裕はどこにもなく
私は午後ローマ入りして
家をとりあえず契約。
疲れ切った私は
翌朝すぐにフィウミチーノ空港から
ウィーンに戻ったのでした。

今思えばローマとの「格闘」は本当に大変だったのですが
やはり最初から大変でしたね。

今日はローマという街の「感触」をお話します。
こちらからどうぞ。
https://39auto.biz/daimuran/touroku/entryform3.htm
追伸:9月3日(日)15時からの
「音のソムリエ」茶会は
あと6名ほどで〆切となります。
お申込みはこちら⇩からお早目にどうぞ!

https://spike.cc/shop/user_956153619/products/GKbQ9hAW










海外進出ランキング

指揮者の交渉術⑱「Ieri Oggi Domani 昨日・今日・明日」

画像の説明




From:村中大祐

日本の友人たちに昔よく質問したのは
世界のどの国が日本に
一番似ているか?
という質問。

あなたならどう答えますか?

ウィーンに居た時は
ドイツと答える人が多かったような気がする。

ロンドンに居ると
日本人はみなロンドンと日本の共通点を語り出す。

でもあまり韓国や中国の話は出て来ない。
やっぱり隣国とは
どこでもそれなりの緊張感があるらしいですね。

似ていると言われれば
本来なら
兄弟であるはずの中国や韓国、台湾といった
国々は完全に対象外。

最近ではモンゴルもすごく近いはず。
でも似てるとは言わないですね。
白鵬をはじめ、沢山の力士が日本を支えていても
そう言う話にはならないところが
やはり島国かな?とも思います。

ところで
以前、大前研一さんが
「日本人はイタリアを見習え!」
と話されていて、意を同じくしていたのですが
私はイタリアを良く知る人間として
これからの日本が、確かに参考にすべき国の一つが
このイタリアだと思うのですね。

塩野七生さんの本みたいな話よりも
もっと体験としてのイタリアを
自分のなかに沈殿させられれば

誰でも分かる話のような気がします。
日本の本来の姿を取り戻したいとき、
イタリアに戻ると良いみたいな話です。

こちらからどうぞ。
https://39auto.biz/daimuran/touroku/entryform3.htm
追伸:9月3日(日)15時から
横浜みなとみらいのBUKATSU-DOにて
「音のソムリエ」茶会を開催します。
お申込みはこちら↓!
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/GKbQ9hAW








指揮者の交渉術⑰「島国ど根性」

画像の説明




From:村中大祐

2011年、東北大震災の2か月後、私はシチリアに居ました。
Orchestra Sinfonica Sicilianaシチリア交響楽団と
震災の追悼演奏会をするためです。

そこで「自然と音楽」のテーマが生まれます。
イタリアには古くからの手つかずの自然が
数多く残されています。

でもイタリアはあくまで半島なのです。
面白い話ですが
同じ半島である隣国の韓国は
非常にヴァチカンと近い関係にあります。

これは宗教的なものだけでなく
地政学的なものもあるのではないか。
そんな気がしています。

私が当時ヨーロッパに居て何か日本のためにできることはないか?

そう強く思ったとき
シチリア交響楽団から招聘されました。

それは本当に偶然で
ブラジルの指揮者が予定されていたところに
私の演奏会が企画されたのです。

しかも当初からこの定期演奏会のプログラムは
「海」をテーマにしたものでした。

不思議なこともあるものですね。

シチリア、特にパレルモにはご縁があります。
ここでPrincess of Sicilyと言われる
シチリア皇女からクラウディオ・アッバードを紹介されました。

当時ベルリン・フィルの常任指揮者だったアッバードは
母方がパレルモの出身だったのですね。

私はアッバードの親族と仲が良く
毎日パレルモでテニスなどをしていましたが
彼らからではなく

やはり貴族からの紹介だったのですね。
不思議なものです。

シチリアにはそんな恩義があります。
でもそれはイタリアとはちょっと違う
島国だから感じる共通項なのかもしれませんね。

今日はこちらからお読みください。

https://39auto.biz/daimuran/touroku/entryform3.htm








指揮者の交渉術⑯「ゆらぎの美学と戦略論」

画像の説明




From:村中大祐

数年前のある日のこと。
友人の編集者に連れられて
「兵法研究会」という場所に入門した。

師範代は守屋淳氏。
ご存知の方もおられるかもしれないが
日本経済新聞社などから
ベストセラー
最高の戦略教科書「孫子」を出版され
その守屋氏を囲んで
空手家、落語家、編集者、公認会計士、
コンサルタント、経営者、銀行家などが
クロスオーバーに戦術を勉強する会だった。

兵法とは昔から興味があって
どちらかと言えば萬屋錦之助演じる
「武蔵」や「子連れ狼」の世界が
兵法だろうと思っていた。

後になって読みふけった
津本陽さんの「武蔵」でも
兵法のイメージは変わらなかった。

五輪の書や
舞台芸術の指南書である「花伝書」の言葉などは
パラパラと本をめくると
極めて「自分本位」な
自分とどう向き合うかを書いたものと
思っているが

それが兵法だと言う訳だ。

ところがどうやら
中国古典の兵法とは
まったく違うのだ。

武蔵の兵法は自己と他者で
自己にフォーカス。

中国古典の兵法はどちらかと言えば
リーダーとしての兵法だった。

私は中国古典の兵法を学びながら
やはり「日本流」を選んで
ここまで来たのかもしれない。

今日のお話はこちらからどうぞ。

https://39auto.biz/daimuran/touroku/entryform3.htm








指揮者の交渉術⑮「点と線」

画像の説明




From:村中大祐

今になって思えば
自分のやり方があって良かったなと思うんですが

人と違う方法を選び取ることは
よほど勇気がないと
大抵の人はめげて
途中で投げ出すのではないかな?
と思っています。

それは自分が不安になるからです。
周囲とは違うことはある意味ストレスですからね。

そのストレスと戦えば
まず必ずと言ってよいほど負けます。

違いにフォーカスするからですね。
そこで2つの選択肢が出てきます。

一つは群れの中に飛び込み
同じやり方をする。

もう一つは自分のやり方が
受け入れてもらえる場所に移動する。
すなわちプラットフォームを変えてみる。

私の場合は「人との違い」は半端ないです(笑)。
存在自体が「間違い」みたいな状況も
多々あったように思います。

じゃあ何故引きこもりとかにならなかったのか。
うーん。なりそうになったこともあったのでしょう。
でも割合鈍感だったのと
幸運が続いたからだと思うのです。

周囲の方のお蔭で守ってもらえたのだと信じています。

でも自分が本当に「違う」場合は
合わせようがないんですよ。

つまりその「違い」を持って生きていく覚悟があれば
「違い」はひとまず置いておく。
そして共通点を探す方向に自分の視点がシフトするわけです。

外国で生きる場合も
意外に現地の人達は最初、私に「異質」を見ようとします。

そこで「共通点」を探して
彼らの前に提示してみせると
うまくいく場合も多いです。

それは彼らが納得するとかではなく
「自分」が安心するわけです。
自分が安心すると、彼らも安心をし始める。

何だかそういうサイクルのような気がしますね。
今日は日本に帰って来てオーケストラの前に立ったときの
違いにフォーカスした話です。

こちらから読んでみて下さい。
https://39auto.biz/daimuran/touroku/entryform3.htm