安吾を知る人は多いと思う。 僕は安吾を知らずに20歳ごろまで過ごしていたが 当時付き合っていた女性が慶応の文学部出身で 広告会社に勤める人だったからか しきりに安吾を勧められたので読んでみた。 もうかれこれ数十年前の話だ […]