世界で活躍するオーケストラ指揮者が語る「ボーダーレス時代のリーダーシップ」②-1

世界で活躍するオーケストラ指揮者が語る「ボーダーレス時代のリーダーシップ」②

――昨年の暮れ、2015年12月11日に紀尾井ホールで行われた公演「シルクロードへの旅」を指揮された印象はいかがでしたか。マーラーの「大地の歌」の室内オーケストラ版新版を日本初演されたとして、音楽ファンの間で注目されていましたが。

村中 おかげさまで、来日して私たちOrchestra AfiA(オーケストラ・アフィア)と共演してくれた歌手陣も素晴らしい出来で、アフィアの新しい可能性を確認することができました。今後、マーラーの交響曲を少しずつ演奏していくつもりです。でも、その前にベートーヴェンやメンデルスゾーン、シューマン、シューベルトといったレパートリーを積み重ねていきます。
ところで、実は海外から朗報が届いたんですよ。

――何があったのですか?

村中 私たちOrchestra AfiA(アフィア)が、世界のクラシック音楽の団体が多数参加する「クラシカル・ネクスト!」(Classical Next!)で「イノヴェーション・アワード」にノミネートされたのです。非常にありがたいお話でした。連絡を頂いたのは、ちょうど先ほどお話しした12月11日の公演の打ち上げが終わった直後、ベルリンの本部からのメールによるものでした。
ノミネートの理由として挙げられていたのは、Orchestra AfiA(アフィア)が2013年から始めている「自然と音楽」(Nature and Music)のテーマがオリジナリティに富んでいる、ということで彼らの目に留まったのだそうです。

――「自然と音楽」をテーマに据えたいきさつを教えてください。

村中 2011年3月に起こった東日本大震災で、私はアーティストとして何もできませんでした。ただし当時、イタリアのパレルモ市のシチリア交響楽団(Orchestra Sinfonica Siciliana)で春の公演を指揮する予定だったのですが、そのプログラムのモチーフを急遽「海」とし、震災への追悼の意を込めて、ドビュッシーの交響詩「海」やブリテンの「海の間奏曲」を演奏したのです。
この演奏会で、私はドビュッシーの「海」を演奏する前に、聴衆に向かって「震災、特にその海の猛威によって失われた魂を追悼します」と語りかけました。やがて、曲が進むうちに気づきました。眼前に広がるイメージは、ただ「自然の美しさ」ばかりであり、「自然と向き合う自分の姿」しかないのだ、と。自然の猛威より、「自然との共生」に視点を向けるのが音楽の本来の姿だ、と実感したのです。
こうして「自然と音楽」のコンセプトが生まれました。そして「自然と対峙したときに人間が感じる心のあり方」をベートーヴェン以降の作曲家の多くが表現しようとしていることに着目し、私が音楽を演奏するときの中心的なコンセプトにも据えようと思ったのです。

――村中さんが「自然と音楽」を自らのテーマに据えようと思ったのは、そのときが最初でしたか?

村中 はい。ただし、ここに行き着く前、音楽家である自分にとってクリアしなければならない、たいへん重要なテーマが別にありました。
私は海外から日本に拠点を移すまで、ヨーロッパの地を転々として経験を重ねてきました。ウィーンに学び、ローマに住み、ロンドンで活動し……といった経歴の中で一番大切にしていたのは、「自分は誰なのか?」という問いに真剣に向き合うことでした。そうやって自問することが次第に習慣化し、あるときから、この問いは音楽家として世界で活動する上で最も重要なことだ、と確信するようになったのです。
でも、初めからそう考えていたわけではありません。自問のきっかけが与えられた最初の体験は、渡欧してウィーン国立音楽大学の指揮科で留学生活を始めた直後にありました。先輩のドイツ人指揮者から「お前たち日本人なんかにベートーヴェンがわかってたまるか」と言われたのです。

「横浜に新しいオーケストラを作る」と私が言ったとき、彼らは笑った。でも、私が世界のクラシック音楽の祭典で 「イノヴェーション・アワード」にノミネートされると…

- 続きはこちら!

ニュース レター月間Muranplanet 「指揮者村中大祐の世界」遂に創刊!

新規年間購読会員の先着100名さまには

「レコード芸術」誌推薦盤となったAfiA第一弾CDのプレゼント!!

画像の説明

10月20日までにお申込み頂くと

小冊子「CDを100倍楽しむための絶対法則」を差し上げます!

今すぐ、申し込む

コメント


認証コード1647

コメントは管理者の承認後に表示されます。