自分と日本

ある人に尋ねられた。

「あなたは何故そのように日本を素晴らしい国だと言い続けるのか?」

何だかこの質問が気になってしょうがなかったのだが、でも今突然その答えがポン!と出たきた。

「Because I am Japanese...」

これが答えだ。

たった独り日本の島から出て、世界でひとりの日本人として生きる必要が出たとき

誰でも自分を「これでもか!」と言うくらいに見つめなければならなくなる。

そうすると、自分を肯定し受け入れる手段は、「日本を受け入れる」ということなしにはありえない。

好き嫌いを言っている場合ではない。

相手にとっては今現在向かい合っている僕が「日本そのもの」なわけだ。

ひとは自己を認め受け入れて生活していくが、

外国での場合には、まず自分にとっての日本を認め、受け入れなければならないのだ。

つまり僕にとっての日本はこの自分自身。

つまり ”I am Japanese” じゃなくて ”I  am Japan ! ”ってなわけだ。

だから本当の答えは 「Because I am Japan!」。。。

コメント


認証コード9444

コメントは管理者の承認後に表示されます。