光に向かって全力疾走

画像の説明
みなさん、こんにちは。

村中大祐です。

今日は寒いですよね。

毎朝散歩に行くと、まずは必ず300メートル走を

わが社の宣伝部長Giorgio(ジョルジョ)君とやるんですが

最近はあやつめ、なかなか本気で走ろうとしないんです。

走り始めはこちらがリードして、「しめしめ」と内心思っていると

300メートルぎりぎりで、ダッシュで抜かれるパターンが続いて、

悔しい思いをしています。

明日はどうなることやら。

寒い日に全力疾走はなかなかいいものですが、

貴方は全力出し切ってますか?

毎日ちょっとだけ、全力を出す訓練をするのって

結構習慣にすると良いかもしれません。

お蔭でお腹の肉がとれました。

数値も万全。なんてね。

ところで......

昨日フェイスブックに出した記事が

何と2000人以上の人の眼に触れているようで

ちょっとびっくりしています。

昨日の記事、転載しますね。

昔まだ中学生の頃、12〜3歳でしょうか、音楽に「光」を見ました。
これは私の原初的な体験であり、その光を追いかけて音楽家になりました。今でもその時の感覚を忘れずにいられるのは、幸せなことです。

その「光」を教えてくれたのはルービンシュタインのこの映像です。
https://www.facebook.com/muranplanet/posts/871846592957437?notif_t=like&notif_id=1486426148150249
この映像の始まりの旋律を聴いて見てください。

私には優しい陽の光が、燦燦と差し込む様子が見えます。貴方にもきっと感じられるはずです。

中学生当時に何度もピアノで再現しようとしましたが、同じ「光」を得ることはできず、苦しみました。

大学生になった時、それが可能になりました。それで満足したのかもしれません。ピアノはやめて、指揮者をやることにしました。

最初は本当に指揮なんて出来るのか?不安でしたが、結局「音楽に何を見たか?」だけが大切だったようです。

指揮者としてイタリアでデビューした後、英国人のマネージャーと仕事が始まります。何と彼はルービンシュタインのマネージャーでした。

今思うと、この曲はメンデルスゾーンのピアノトリオ。人生の不思議を其処かしこに感じます。

自分の人生を歩んで行くと、不思議な出会いに遭遇することがよくあります。

そんなシンクロするご縁に不思議を感じながら、ひとつひとつの出会いに感謝を込めて創り上げたCDが出来上がりました。

村中大祐指揮Orchester AfiAの新譜、

メンデルスゾーンの交響曲第4番&第5番が、3月3日発売決定です。

先行予約のプレゼントをゲットする場合は、
cd@afia.infoまで!
2月6日より先行予約開始です!

コメント


認証コード9199

コメントは管理者の承認後に表示されます。