カテゴリ:本

桜の木の下には。。。

画像の説明
安吾を知る人は多いと思う。
僕は安吾を知らずに20歳ごろまで過ごしていたが
当時付き合っていた女性が慶応の文学部出身で
広告会社に勤める人だったからか
しきりに安吾を勧められたので読んでみた。

もうかれこれ数十年前の話だが、その時の感覚は
今でも体に残っている。
別に読み返そうとは思わないが
「日本というもの」の所在がわかったような
そんな気がしたものだ。

怪奇的なもの。
日本人は昔から夏になると
お墓で肝試しをしたものだが
そんなことをやるなんて、
今では想像もつかなくなった。

時代は変わったのだ。

でも本質的に変わらないものは
日本の自然。
そして花見の桜に、その下で遊興するひとびとだ。

でも彼らが安吾を知っている確率はどのくらいだろうか。
もし読んでいたなら
ひょっとして花見するに留まり
桜の木の下なんぞで酒を酌み交わすことはしないのではないか。

その位私たちの日本に対する感覚も希薄になったのでは?

日本って何か。
そういう問いに真向から答えてくれるのは
ひょっとしたら安吾ではないか。

桜と生命。
儚い桜のいのちを愛でる心とは。
いつもこの時期になると思うことだ。

追伸:4月9日の「音のソムリエ」茶会はあと2名で満席となります。お早目にお申込みください!
詳細・お申込みはこちら↓から。
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/HE8kjtqB

コメント


認証コード3418

コメントは管理者の承認後に表示されます。