指揮者になる法⑫「3か月英語」

画像の説明

From:村中大祐

学校の英語は私には難しかったです。
何故か?と思ってよく考えてみましたが

やはり言葉の意味が理解できないわけですね。
単語は調べれば、辞書には書いてありますが
それは意味ではなく、置き換えですね。

置き換えた文章を読んでも、しっくりこないんです。
だから英語は苦手でした。

言葉ってのは、自分の思考の大半を占めています。
だからよーく選んでいるはずなんです。

人それぞれに、同じ言葉でも捉える「イメージ」が違います。
だから人の話を聞いて、たまにちんぷんかんぷんだったりするわけです。
それは「イメージ」がそもそも違うからなんですね。

英語がよく「おできになる」人の話を聞くと
(おできになる、はネガティブです。)
何を言っているかわからないような方も結構多い。

それは言葉だけを独り歩きさせるからです。

そういう習慣になっている。
何だか話すのが楽しいのか、英語の音が楽しいのか。

でもそれで良いんです。
劣等感じゃなく、自分の存在の支えにされているんですから。

でも本当に英語ができるようになりたいなら
自分の言葉になるまで
お付き合いする覚悟が必要です。

つまり一生お付き合いする覚悟です。
それさえあるなら
英語はできるようになるでしょう。

苦手だった私でも英語を何とかしゃべってますから。
後は覚悟の問題だけです。

今日はそんなお話。
https://39auto.biz/daimuran/touroku/entryform3.htm

コメント


認証コード1614

コメントは管理者の承認後に表示されます。