指揮者になる法⑭「Mysterien 神秘の扉」

画像の説明

From:村中大祐

ワーグナーのオペラと言えば
長いというイメージがあると思うんだけれど

私が最初に好きになったのが
「パルシファル:というオペラで
これは場合によっては
その神秘性から引き込まれていく人が
多いと思います。

音楽のなかに神秘性が宿っているからなんですね。
試しに聴いてみてください。

私は10代の終わりごろに聴いて
衝撃を受けました。感動しましたね。

音に力があるんです。

ひょっとしたら19世紀のパリは世界で一番
ワーグナーに影響を受けた人が多かったのではと思います。

トリスタンとイゾルデを聴いて
驚愕したようですが
私はトリスタンよりパルシファルでした。

トリスタンで驚愕したひとたちの気分は
私はパルシファルで味わうことができました。

今日はそんなお話です。
https://39auto.biz/daimuran/touroku/entryform3.htm

コメント


認証コード7843

コメントは管理者の承認後に表示されます。