ストラヴィンスキーのバレエ音楽「プルチネッラ」①

おはようございます。
指揮者の村中大祐です。
今日も素敵な一日をお送りください。

さて、本日から少しずつ演奏会で取り上げた大好きな作品、
ストラヴィンスキーのバレエ音楽「プルチネッラ」の全曲を
お送りいたします。

この作品はもともとパリでディアギレフという
プロデューサーが「ロシアバレエ団」を結成していた頃に
ストラヴィンスキーに委嘱された作品です。
一世を風靡したこの有名なバレエ団のために
書かれたものですが、どちらかと言えば、
バレエで見るより音楽だけの方が楽しいです。
かの有名なスペイン人画家のパブロ・ピカソが
舞台美術やコスチュームを担当したこともあって
その絵画をモチーフとしながら
ストラヴィンスキーの素晴らしい発想を味わうのも
ひとつの楽しみ方です。

ストラヴィンスキー?えっ?嫌だ、と思われる方も
これはお楽しみ頂けること請け合い。
横浜の街の音、街の色を表現するつもりで
プログラムした中の一つなのです。
みなとみらい地区を想像してみてください。
横浜の港に見える新しいイメージにピッタリだとは思いませんか?

是非とも楽しんで聴いてみてくださいね。
今日はその第一部。(2分ほどです)

まずはこちらからどうぞ!
演奏は村中大祐指揮Orchester AfiAです。

追伸:ニュースレター年間購読は本日がそのキャンぺーン最終日です。6000円の割引があるのは今日までです。
お申込みは↓こちらからどうぞ!
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/Swfse5oJ

コメント


認証コード1104

コメントは管理者の承認後に表示されます。