あるヴァイオリニストに出会った。
その人は多くを語らない。
ただ音楽をするのみ。

そこに立ってひたすら音を追う姿に心を打たれた。

ほとんど話すこともなかったけれど、多くを学んだ気がする。

Exhibitionに走る音楽が多いなかで、
その人は立ち姿ですでに人を魅了する力を得ていた。

純粋さ。

正しさ。

そして強さ。

その強さはけっして人に主張されるものではなく、
自分の中だけに、ひっそりとしまってある。

でもその強さから優しさや愛が滲み出てくる。

そんな立ち居振る舞いに、舞台袖から拍手を送り続けていた。

すごいひともいるものだ。