これまでブラームスを随分と演奏して来た。

でも彼の音楽の中に南の光が差し込む場面があっても、

気付かず通り過ぎていくオーケストラにも出会った。

陰と陽のコントラスト。

カラヴァッジョの絵からも分かるように、

光が無ければ影はない。

北ドイツのハンブルク生まれの、

とっつきにくいオヤジのイメージがあるブラームスだが、

彼の音楽の力には赤いオーラが充満して、

自然から受けた生への強いエネルギーが満ち溢れている。

よく野菜や果物、或いは獣の肉からその生命を頂くと人は言うが、

ブラームスの音に込められたエネルギーは、それに勝るとも劣らない活力といのちの源泉だ。

幾重にも折り重なる十二単の艶やかさ。

秋の味覚とブラームス。

全てが東京というオリエンテ(東方)で一つとなるのは、

今この季節しかない。

10月15日(土)紀尾井ホールで

とくと ご高覧あれ。

https://afia.info