臭覚の不思議

木蓮の香りを女性に云々されると

結構クラクラ・フラフラとする年になってみて

自分の五感のなかで嗅覚というものが

かなり退化しているのを感じている今日この頃だが。。。

五感を持った動物を語るとき、中でも一番ピンとこない動物が

鳥さんたちだ。

彼らの特徴ってのは飛ぶことだけで

他に一体何があると言うのだろう。。

基本的に鳥さんは嫌いだが

特にイタリア語でいうピッチョーーネという類い

すなわち「鳩」さんたちは一番嫌い。

もう一杯群れていると、その場を避けて通るほど。

まだカラスのほうがマシだ。

長らく鳥さんを嫌いな理由がなかなかピンとこなかった。

つまり彼らのどこを見ても人間の感覚に訴えてくるのは

あの神経質そうな動きだけ。

視覚がするどいとか

聴覚がするどいとか

大好きな犬のように人間と同化できるとか

そういう類ではないのだ。

奴ら、神経質なだけで感覚機能はあまり優れておらず

俺様の「癇に障る」という感じで今まで眺めていた。

でも、嗅覚を恐竜から受け継いだなら

それなりのものを見せてみろ。

鳥さんよ。そうすればこちらも考え直してみようじゃないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です