お伊勢詣り(2009年のブログから)

車で横浜から5時間ほど走ると

そこは三重県お伊勢さま

3月に鈴鹿サーキットで

セントラル愛知交響楽団と

モーツアルト・ガラをやって以来

2度目の今回は

御礼参りでした!

「お札を返しに参ります~」

という歌が聴こえてきそうだけれど

冬であるはずの景色が

まるで秋のように色付いて見えるのはなぜだろう。

本来なら雪景色のところを

温かい木漏れ日に導かれて

幸せな時を過ごせたのは

本当にツイテました!

ローマにいるとバチカンが近いけれど

バチカンはなんだか圧倒的な石の宮殿という感じで。。。

凄さのほうにどうしても目がいくのは

人間と神を隔てた厳しさを象ったからかもしれないね。

カトリックにはそういった厳しさがあるけれど

神社にはまず自然のなかに導かれる喜びと

温かみが先に生まれる様な気がする。

僕が日本人だからかな。

だって、河があって、そこで手を洗うなんて

粋じゃない?

バチカンの場合、そこにはテヴェレ川があるけれど

テヴェレにかかわったのはむしろユダヤ民族だったね。

だからローマにヨーロッパ最大のゲットーがあるのかな。

お伊勢さんを囲む木々から

大きなエネルギーを感じた一日でした!

感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です