Muranplanet「指揮者村中大祐の世界」

「私、強い音キライ。」6か国語を操り世界で活躍する異色の指揮者、村中大祐。「ホンモノの自由と豊かさ」を音楽の中に見つけた男が、その成功法則、マインドセット、リーダーシップ、海外進出、音楽、そして人生を語る!

ブログ

日曜日の匂いとPhono Museum - Muranplanet - 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

投稿日:

日曜日の独特な匂いって

ありますよね。

これに気がついたの

ウイーンに住んでたときでした。

ローマの日曜日もそりゃあね。

必ずsanto padre(ローマ法王の俗称)が

ミサをされますから

特別っちゃ特別なんですが。。。

でも空気は何だか

淀んでるんですね。。。ウイーンよりも。

あったかいからですかね(笑)。

つまりウイーンは寒いからでしょうか。

日曜日はちょっと違う。

土曜日もちょっと違う。

何故かというと

土曜とか13時になると全く店が開いてないんですね。

休むこと。

これすなわち文化です。(おー!かっちょええ!)

で。。。

ウイーンの日曜日

Un dimanche au Vienne

ってなわけで

日曜日はウイーンフィルの定期演奏会が

楽友協会にて

朝11時から始まります。

それもとても重要なんですが。。。

夜19時から

月一回

ORF (Österreichsche Rundfunk)

つまり日本のNHKですね。

オーストリア放送協会のラジオですが

夜の7時から月一回

PHONO MUSEUMってのをやるんです。

これがまた素敵なんですね。

歴史的な録音でCDになってないのを

放送協会のアルヒーフからとってきて

放送しちゃうんです。

そして。。。

ヒクーイ声のナレーターが

Gottfried Krausっていう人だと思いますが

ゴットフリート・クラウスさんね

素敵な声でコメント言うわけです。

そこで出会ったのが

例えばブッシュ弦楽四重奏団だったり

NHK交響楽団でもお馴染の

ロブロ・フォン・マタチッチさんのウイーン響との

ブルックナーの名演だったりするんですね。

あるいはブンダーリッヒの最後のリサイタル録音だったり。。。

そこに詞があります。

必ず出てくる言葉。

Stern Stunde

英語で「お星様一杯の時間」

素敵な時間っていうことですね。

音楽を聴くとこの「お星様」が出ちゃう

そのくらい素晴らしいってなわけです。

wunderbar musiziert(wouderfully played)

とか

So eine Interpretation ist heuzutage nicht oft begegnet

(The interpetation of this kind is nowadays not often met すげえ直訳)

is nowadays not casual...ってな感じかな。

そんなことを言いながら

ヒクーイ声で語るその静けさもまた

ウイーンの街に似合ったものなんですね

18世紀を大事にしてる彼らは

musiziert (play music)ってからには

出す音がウイーン風でなきゃいやみたいですね。

街に合った音。

街に合った食事。

街に合った服装。

そういう中にmusizieren という言葉が生まれてくるみたいです。

でもそこには日曜日の匂いが必ず介在する

musica profanaの前は

musica sacraだったわけで

いまこうやって書いてみると

日曜日の効用は

かなりあることに気が付きますね。

日本にもこれ

あるんじゃないですか?

日曜日はちっちゃな元日みたいな雰囲気って

ありますよね。

やっぱ日本って素敵ですね。

で。。。

長くなりましたが

ハーゲン弦楽四重奏団とジェラール・コセによる

ブラームスの弦楽五重奏曲お勧めです。

画像の説明

Stern Stundeが

ピチカートのなかに聴こえてきますよ。。。

最近のコメント

    -ブログ

    Copyright© Muranplanet「指揮者村中大祐の世界」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。