2014年6月。ちょうど「自然と音楽」演奏会シリーズを始めてしばらくしたころ。シリーズを始めるインスピレーションの一つの手がかりは、横浜国大名誉教授で植樹の神様と呼ばれた当時86歳の宮脇昭教授。ドイツ語がお得意と聞いたので、ドイツ語で自己紹介の手紙を書いたら、お会いするといきなりドイツ語で話が始まったのには面食らった。今闘病中でいらっしゃると聞くが、お元気だろうか。「お金をちゃんと儲けなさい。さもないと活動は続けられないから。」印象に残る教えだった。

宮脇先生をお迎えして6月2日の開港記念日に横浜開港記念会館で講演「鎮守の森・記憶の森」の記録。今日から少しずつお見せします。(「鎮守の森・記憶の森」はAfiA Officeの登録商標です。また宮脇先生ご本人とAfiAの契約により、ヴィデオなどの使用しております。)

https://www.youtube.com/watch?v=a6a2p5eealg