Muranplanet「指揮者村中大祐の世界」

「私、強い音キライ。」6か国語を操り世界で活躍する異色の指揮者、村中大祐。「ホンモノの自由と豊かさ」を音楽の中に見つけた男が、その成功法則、マインドセット、リーダーシップ、海外進出、音楽、そして人生を語る!

コンサート

年始はイタリアでニューイヤーです。 - Muranplanet - 指揮者村中大祐の世界 Muranplanet

投稿日:

画像の説明

年末年始をイタリアで過ごすことになりました。
http://www.teatromassimobellini.it/dettopera.asp…
カターニャのテアトロ・マッシモ・ベッリーニで
元日のニューイヤーコンサートを指揮します。
どうやらヨハン・シュトラウス三昧です。...
同じシチリアのTeatro Massimo di Palermoでも
デビューはヨハン・シュトラウスの喜歌劇「こうもり」でした。
シチリアではシュトラウスがcavallo di battagliaかもしれません。(Cavallo di battaglia:戦う際に選ぶ馬のこと)

この劇場では今から15年ほど前に

ヴェルディの「マクベス」の仕事をしたことがあります。

その時の歌手陣たるや本当に凄い人達ばかり。

ソプラノのマリア・グレギーナやフテノールのフィジケッラ、そしてバリトンのパオロ・コーニという

当時の世界のトップ歌手たちを相手に音楽稽古をつけなきゃならない。

イタリアでヴェルディのリハーサルをすることで本当に緊張しましたね。

本来オペラという作業は、歌手の素晴らしさがあって成り立つもの。

指揮するのは難しいとは思いませんが、

歌手と稽古をするのは本当に大変でした。

そんな記憶が蘇ってきます。

素敵なクリスマスをお迎えください。

最近のコメント

    -コンサート

    Copyright© Muranplanet「指揮者村中大祐の世界」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。