画像の説明
From:村中大祐

私が苦手を克服するために取った行動が
情報収集であることは既に書いた。

だが情報を集めることには
ある種の情熱が必要だ。

人によってはインターネットで情報を収集する、
という人もいる。

だが私が苦手克服に直面した時代
インターネットなどはまだ存在しなかった。

じゃあどうやって情報を収集したのか?
また、それはどんな種類の情報だったのか?

私の場合。音楽家になりたかった。
ウィーンでの情報収集を分析するとこうなる。

1.世界で最高の音楽環境に居た。
ウィーン・フィル、国立歌劇場、
ムジークフェライン、コンツェルトハウス、
ザルツブルク音楽祭などに行き放題。

2.世界で最高の音楽環境には、
最高の図書館があった。
学校の図書館は素晴らしかった。
中でも大指揮者ブルーノ・ワルターの所蔵楽譜は
全て寄贈されていて、ために調べにいくと
指揮者のカルロス・クライバーと同席した。
ただ、街の区別に存在する図書館の
音楽関係の蔵書の量は
異様なほど素晴らしいものだった。
これはウィーンのウィーンたる所以。

3.多くの音楽家に出会える環境だった。
世界中で活躍している人たちや、
引退した大御所まで出会いは様々だった。

4.音楽の歴史が空気感の中に刻み込まれていた。
音楽が生み出された歴史的な場所がほとんど
この街にあるという事実は素晴らしいものだ。

5.Musikhaus Doblinger
(楽譜の店:ドブリンガー)
ウィーンでは誰もが知っている楽譜屋だ。
ここで中古の楽譜を沢山手に入れた。
既に音楽をやめた方の楽譜や
東ドイツ・チェコ・ハンガリーなどで出版されていた
安価の楽譜を手に入れることができた。

それはもう、問題なく情報が入ってくるわけだ。
でもこれは音楽の都ウィーンでの話だ。

それ以前はどうだったのか?

ここから先はこちら↓からメルマガMuranplanetに
無料登録でお読みいただけます!
https://39auto.biz/daimuran/touroku/entryform3.htm