指揮者になる法⑦「アウトソーシング」

画像の説明

From:村中大祐

人に任せるのが苦手で何でも自分でやらないと
気が済まない人がいますね。

私もどちらかと言うとそんなタイプですが
その理由は
自分でやった方がはやい、とか
任せるのが面倒だとか。

きっとそんなところではないでしょうか。

私も人に任せるのは苦手でした。
でもお任せしないと仕事にならない。

それが指揮者というものなのです。
指揮者は上から命令するような仕事ではなく

自分が「できたらこうしたい」と言う気持ちを
相手に伝えて
それを代わりにやってもらう。

そんな作業が指揮者の一般的な作業です。

限られた時間のなかで
大勢のひとにどうやって自分の意志を届けるか?

多くの指揮者は「妥協」という言葉を使われます。
でも妥協しないで自分の意志を伝えることは
とても重要なことです。

今日はアウトソーシングについて
少しお話しています。

=====================

続きはこちら↓をご覧ください。

指揮者になる法(電子書籍)AfiA9000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です