【マーラーの5番はウィーンっぽいですが、やっぱり音だけじゃなく、街の匂いというか、世紀末のデカダンスを多少なりとも知る必要があるという話】

どうも。村中です。

 

10月にイタリアのシーズンオープニングを

指揮することになっていますが

 

マーラーの5番は

かなり複雑な構造なんですね。

 

私がアプローチするのは

大体先ずは構造からです。

 

でも構造の先に

見えてくるものがある。

 

もちろん感情や色はありますが

 

街のにおいや

人々の喧騒だったり

 

最終的にはマーラーの手紙を

読んでいて

観えてくる世界観が

 

音楽のなかに表出されます。

 

そこまで行くためには

最初にどうしても

ピアノを弾かなければなりません。

 

あくまで私の場合ですが

多くはそうやって

自分のプロセスがある。

 

身体に入らないと

伝わらないからです。

 

幸いなことに

交響曲第5番は

ピアノ譜が存在します。

 

かなりよくできていて

これを連日弾いています。

 

そうすると

意味が通らなかった場所の

意味が通るようになるんです。

 

そうして楽譜を離れます。

 

音楽が自分のなかに

入って行くと

 

そこから楽譜との

やり取りをするんです。

 

そうすると日によっては

街のにおいが観えますし

 

日によっては

マーラー自身の感情が観える。

 

そうやって

楽譜と付き合っていくんですね。

 

この作品、マーラーの5番は

オーケストラの譜面が

間違いだらけだったりします。(笑)

 

ウィーンにある

Universal Editionという

版元があって

 

そこが大体のマーラーの

版権を持っているんですが

 

この5番は

ペータースという

フランクフルトの会社なんですね。

 

昔からの老舗です。

 

だからなのか、分かりませんが

オーケストラの譜面で

音が違うことが多い。

 

昔、まだウィーンの学生の頃に

ロリン・マゼールさんの

ウィーン・フィルとの

練習を拝見していて

 

曲目はこのマーラーの5番だったんですが

 

とにかく指揮しながら

音の間違いをずーっと

指摘してましたっけ。(笑)

 

マゼールさんの

その超弩級の能力は大したもの。

 

だけど、音楽のなかに

入っていかないのが

あの人のやり方なんですね。

 

だから響きは美しいし

完全な演奏っぽくなる。(笑)

 

でも中にイディウムがなかったりする。(笑)

 

まだよく覚えていますが

その日のプログラムは

メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」が

最初のプログラム。

 

そして休憩後に

マーラーの交響曲第5番。

 

リハーサルも大変だったはずです。

 

このメンデルスゾーンの交響曲第5番は

私の録音がありますよね。

もしよければ

アマゾンからも手に入ります。

こちら↓からどうぞ。

==========

https://amzn.to/33uz4hM

==========

 

昔このマーラーの作品は

よく聴きましたが

 

一番感激したのは

やはりウィーンで聴いた

シカゴ交響楽団のツアーで

指揮者がサー・ゲオルグ・ショルティでした。

 

やっぱり

オーケストラの機能性も大事だし

なにより音楽のデカダンスというか

 

クルト・ヴァイルの世界みたいな

ウィーン世紀末的な雰囲気は

 

この中にふんだんに

盛り込まれていて

 

ショルティがそこを

かなり色濃く表現していたんですね。

 

実際の生演奏では

それがすごくよく伝わって来ました。

 

もちろんCDなどで

数限りなくこのマーラーの5番は

存在しますから

 

是非聴いてみて頂きたいところです。

 

そう言えば

ウィーンでショルティ氏の演奏を

何度か聴くようになってから

 

かなりたって、

今度はロンドンで

ショルティさんの奥さまに

ご紹介頂いたんですね。

 

それでチャールズ皇太子の

演奏会にも来て下さっていて

 

私のベートーヴェンを

すごく褒めて下さったのが

まだ記憶に新しいところです。

 

世の中って、こう考えると

狭いですよね。

 

さて。。。

 

私が一番、このマーラーの5番で

面白いと思うのは

 

第1楽章が葬送行進曲なので

普通だったら

交響曲はソナタ形式が常套手段で

 

いきなり大きな枠組みの1楽章が来るんですが

 

マーラーはここでは

そういう手法はとらないです。

 

2楽章で1楽章でやり残したことを

やっている感じ。

 

そして3楽章でスケルツォが来て

ベートーヴェン風に言えば

緩徐楽章が来るのが

第1楽章の後なのを

第4楽章「アダジェット」でやるわけです。

 

そうすると

何かしらストーリーを

考えざるをえなくなります。

 

文学的な雰囲気が漂い始めるんです。

 

そのストーリーを

考えていくのが楽しいなと。

 

そう思いますね。

 

さっきデカダンスと言いましたが

 

やっぱり世紀末の雰囲気を

知っているのと

知らないのとでは

 

この曲に関するイメージも

かなり変わってきます。

 

私の場合、非常にありがたかったのは

私が大学生当時

 

日本は大変裕福だったので

 

日本中でウィーン世紀末の

展覧会をやってくれたんですね。

 

それをこぞって

観に行ったんです。

 

だからウィーンに行ったときは

もうある程度

雰囲気を感じ取っていたんです。

 

そしてウィーンでは

ココシュカ、クリムト、シーレ

だけじゃなくて

オットー・ワーグナーの建築とか

 

文学で言えば

シュニッツラーとかを

読みだしたんですね。

 

ホフマンスタールは

難しく感じましたが

 

アルトゥール・シュニッツラーは

楽しめました。

 

シュニッツェルじゃないですからね!

食べ物じゃなくて

小説の話ですから。

 

ちょっとフランス的な

小話の要素が入った小品が多かった。

 

そして内容に音楽が出てきて

それがとても新鮮でしたね。

 

まあ、そんな訳で

音楽とは

そういう色々な要素が大事なわけです。

 

シュニッツェルの話をしたら

Rauchfangs Keller

という

オペラ座近くの店に

ご飯食べに行きたくなりました。

 

まあ、今日はこのくらいで

やめときます。

 

今日も素敵な一日を。

村中大祐

 

■追伸

 

8月24日(土)は

東京・新橋でライブ・セミナーを

行います。

 

これは門外不出の秘伝を

お伝えする講座なのですが

 

コンサルティングを

事情があって

受けられない方には

 

是非受けてもらいたい講座です。

 

【人生最強の音楽教養講座】番外編

 

=============

あなたの「人生のミッション」が見つかるその理由とは?

=============

 

ですが、

お蔭様で残りのお席が

あと4名様のみとなりました!

 

まだご予約頂いていない場合は

こちら↓からお願いいたします。

 

==========

会員登録ページ

==========

 

 

■詳細

 

村中大祐ライブ・セミナー

============

8月24日(土)午後13時半〜17時

(9名限定)

一般:8000円 会員:4000円

 

【人生最強の音楽教養講座】番外編

 

~あなたの「人生のミッション」が見つかるその理由とは?~

============

 

東京・新橋駅前で

指揮者村中大祐による

 

「人生最強の音楽教養講座」

第3回セミナーを開催します。

 

村中コンサルティングで

これまで

非常に成果があった

 

===========

「あなたの人生における

”魂のミッション”が見つかる、その方法」

===========

 

これについて、

多くの方から沢山の

ご要望のありましたので、

 

そのご期待に

応えようと開催するものです。

 

今回は村中本人から、

その秘密について

直接話を聴くことができる、

最初で最後。

 

まさに絶好の

チャンス到来です!

 

但しあと3名で

お席は

いっぱいになりますので、

お早目に

ご予約ください。

 

参加料金:

 

会費8,000円(新規のお客様)

 

*会員は半額の4,000円です。

 

終了後は懇親会やります。(笑)

あ、これは実費です。

 

開催場所: ハロー貸し会議室

〒105-0004 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル8階

 

アクセス:

JR山手線 新橋駅烏森口徒歩1分

JR東海道本線(東京~熱海) 新橋駅 烏森口徒歩1分

東京メトロ銀座線 新橋駅 8番出口徒歩1分

ゆりかもめ 新橋駅 1A出口 徒歩1分

 

お申込みはこちら↓からどうぞ。

 

==========

会員登録ページ

==========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です