イタリアの超旨いパスタを食い過ぎて95キロを超えた男の痩せた理由がその視点を変えただけ,という嘘のような本当の話

どうも。村中です。

最近グルテンフリーを
やっていて。

あ。別にですね。

ダイエットをしているワケじゃないんです。

自分が昔は
すごくパスタを食べていまして。

ひどい時は
鍋いっぱいに作り過ぎた

そのパスタを3回おかわり
みたいな感じで
平らげたりもしていました。(笑)

アホか、というくらい
食べていた。

20代では
演奏会の前は必ずバナナを
7本食べるのが流儀で。(笑)

それを見ていた日本人の有名な歌手の方。
誰とは言わないですが

「村中さん。あなたのバナナ分けてチョーだい!」

そんなこともありましたね。(笑)
よっぽど腹が減っていたか

バナナが羨ましかったのか。(笑)

ともかく大食漢でないと
人間じゃないみたいな
生き方をしてきた私。

毎日、昼、晩と
パスタを作ることが多かったです。

合間に仕事。
つまりスコアを読んだり
文献を調べたり

ピアノを弾いたり。

そしてまたパスタ。(笑)

劇場に出向くと
演奏会やオペラがあれば

レストランでは
常にパスタです。

そう。セモリナ粉と呼ばれる
小麦粉の一種を

毎日来る日も来る日も
パスタを食べながら
摂取するするわけですね。

ローマに居ると
友人達から
毎昼、毎晩声がかかり

作り手のシェフに申し訳なくて
毎日パスタをお代わりするんです。

それで、最高体重は
95キロまで達しました。

もうすぐ1トンですね。(笑)

日本で本格的に
横浜でオペラを始めることになって
日本食もいただくようになったんですね。

そうなると今度は
ある程度の食事が
日本食に切り替わったおかげで

自分の体重が変わって
落ち着いてきたわけですが

それでも88キロとか。

まあ、8キロは痩せましたね。(笑)

そんな私が
最近少し気になりだしていたのは
自分のお腹が簡単に壊れること。

その理由が知りたくなった。

そこで考えたのが
小麦粉対策なんですね。

あの有名なテニス界の
スーパースター
錦織選手が
一向に歯が立たなかった
ジョコビッチ選手が

自分のパフォーマンスを上げるために
やっている
最強の食事法という本があります。
「ジョコビッチの生まれ変わる食事」

===========
https://amzn.to/2JYxOfL
===========

そこで知ったのが
グルテンフリーでした。

あくまでも
グルテンを摂取する量を
制限することで

自分のパフォーマンスが改善して
集中力が持続する

それを目指したわけですね。

パスタってのは
血糖値が急激に上げる
という効果があるわけですね。

だから
アスリートとか
指揮者とか歌手が

こぞって
仕事前に食べるわけです。

そうするとおなかが持つ。

そう信じられてきたんですが。。。

上がった血糖値が
急激に下がる瞬間が来るんです。
だからイタリア人は
シエスタ、つまり
昼寝をするんじゃないか。

私はそう思っています。

つまり上がりすぎた血糖値が下がると
その下がり方も急激なので

眠くなるんですね。

だから食事後のパフォーマンスが
チカラが落ちたみたいになるんです。

ジョコビッチが気が付いたのは
その点ですね。

それでグルテンフリーに行き着いたらしいです。

自分のパフォーマンスが
安定している状態をキープしたい。

選手なら、誰でもそう考えますよね。

えっ?違う?

俺は別に眠くてもかまわない?

ああ、そうですか?

でも
やってみると
意外に自分についての
たくさんの情報が取れることが
わかってきました。

安定したパフォーマンスで
毎日を満足いく成果が出せるだけじゃなく

眠くならずに
コンスタントに
仕事を続けられるだけでなく

大きな副産物を得ることになりました。

つまり「健康」についての
キーワードが
私のなかで
生まれて初めて
出てきたんですね。

例えば
自分が
小麦粉アレルギーだったことが
判明したり。

そういうのが
わかるワケです。

それから
アレルギーの反応が
お腹に出やすい場合や

私の場合は
目が悪いので

アレルギー反応が
目に出たりするわけですが

お腹と目の状態が
連動していたりすることにも

グルテンを極力減らすことで
わかってきたんですね。

気がついたら
会う人皆から

村中さん、随分スッキリされましたね。

そう言われるワケです。

ダイエットというか
痩せたのは
あくまで副産物ですよ。(笑)

私はあまり
嬉しくないんですよ。

実は、痩せているのが
嫌いなんです。

でも健康は大事だし
どちらが良いか。

小太りか、痩せ気味か

どちらかを選べって言われりゃ
小太りを選びますね。(笑)

なんか、その方が
楽しそうだから。

私ならそっちを選ぶんです。
楽しそうな方を選ぶ。

ダイエットをしたい人の話で言うと

ダイエットしたい人が
何を求めているのか?

これを考えたとき

普通なら
「痩せたいにきまってるでしょ」と
言うわけですね。

でも、よく考えてみたら
それは違うわけですね。

見方を変える。
視点を変えてみる。

するとわかってくるのは

ダイエットを始める人の本質は
「食べたい」

これだけだと思いますよ。

ダイエットをしなきゃ!と思っても
食べたい!という
その欲求は変わらないわけです。

だからダイエットで
10キロやせたとしても

必ずその後でリバウンドするわけです。

自分では
太ってしまった
とか

健康になりたいとか
思っているわけですが

私の場合なら
95キロになっても
別にダイエットをしたいとは

ひとつも思わなかった。
そんなもんです。

でも健康になることや
自分のパフォーマンスのチカラが
衰えないようにケアをすることは

何より大事なわけですね。

そうすると
小麦粉を「食べる」ことを
米粉を「食べる」に変えてみたら

勝手にやせていくわけです。

食べるにフォーカスしているのは
前と変わらないわけです。

同じ「食べる」でも
「食べる」の質が変わっただけです。

質を変えるということは
ある意味

人生の全部が変わるな

ということに
気が付きました。

若いころ
当たり前のように
最高のものを求めていた時代が
ありました。

その時には
気が付かなかったことがあります。

質を高めるというのは
量とは関わりがないのです。

時間の長さでもない。

質を高めると
時が止まり

少なくても満足できる。

若い時は
これが分からなかったです。

体に必要な量だけを
取り入れる。

よく、足るを知ると
人は言いますが

私にはこの言葉は
よくわからなかったし

避けて通ってきたような気がします。

なんだか、説教くさい言葉に
思えたからなんですね。

でもこの言葉は
「質を高める」ということで
納得がいくようになりました。

食べるは同じ。
でも質が変わると

人生の見え方や
自分の視点が変わることが

意外なところで
気が付きましたね。

視点というのは
思わぬことで
変わってきます。

人生最強の音楽教養講座は
まさに視点を変えるための
講座なんです。

副産物は?

グルテン・フリーと似ていて
副産物は
「音楽の本質が見えてくること」です。

あなたも是非体験してみては
いかがでしょうか。

今日も素敵な一日を。
村中大祐

追伸:7日間無料で【人生最強の音楽教養講座】を受講できるって知ってた?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です