眼に見えないものは信じないという人がいる。

こういう人たちは

物理学の研究で粒子が振動しているという事実さえ

信じないのだろうか?

それは眼には見えない速さだが

人間が作り出した科学で立証されている。

ラジオやテレビの電波は眼に見えないが

音や映像は眼に見えるわけだ。

電波の存在を信じないわけにはいかない。

今回見える形になったのだろうかどうか知らないが

宇宙が本当にそれほどまでに広いというなら

地球以外に生物がいない訳がない。

それをあえて否定するのは

教会や政府などの権威を守るためだったり

自分の信仰や信念を守るためなのだろうか。

未知との遭遇を

社会的な認識とし始めた人類が

これから地球とどうかかわるのか。

意外にも地球という惑星が

人類の持ち物ではなく借りものであるという認識に至る気づきが

この問題に含まれていたりするのかもしれない。

個人的には僕は出会ったことはないが

多くのひとが「その存在」と遭遇しているのだから。