散歩をして「偶然」見つけた僕お気に入りの場所。

まあ、「偶然」というものはなく、すべては「必然」なのだけれど。

曲がりくねった小路の行き止まりに突然広がってくるこの空間は

自分のメンタルな部分が詰まってきたなあ、と感じた時に訪れれば

見事に己の閉じた部分をこじ開けてくれる、そんな「土地の気」に満ちている。

********************************

日本では神社などは龍脈といわれる場所

すなわちパワースポットに設置されているというが

自分の感覚を頼りに一種のダウジングを行ってみると

不思議と心休まる場所に行きつけるのだから

本当に自分は幸運な奴だ、と思っている。

この場所も直観に導かれて行き着いた場所のひとつ。

直観とは本当にあなどれん。

***********************

ちなみに飯屋を探す時、僕はいつも直観に頼って動く。

そうすると間違いなく旨い物屋に行きつくというのが

いつもの僕の筋書きであり、もう殆ど信念みたいになってしまった。

これは言ってみれば「自分信仰」みたいなもの。

探している時の自分の感覚を「信じて疑わない」ところがある。

*************************

車を運転していて、渋滞を事前に察知することができるのも

不思議な自分の能力のひとつ。

そういうときにも実は自分の勘がはたらいてくれる。

だからあまり渋滞に巻き込まれたことがない。

まあ、一度車でリハに向かう途中に大幅に遅れたことはあったけれど。

でも殆ど渋滞というものを経験しないで済んでしまう。

改めて書いてみると結構色々な不思議能力が身についているのに気がついた。

これ、すべて開発されたものである。

そのすべては自分のその部分を「信じる」ことから始まる。

「信じる者は救われる」というのは、どうやら本当のことらしい。