「重い物ほど軽く持て」という利休の言葉が響く世界観

R.シュトラウスの「4つの最後の歌」はこの色もあり。
作曲家には独自のバイブがある。
それを色で捉えることが
割と難しいらしい。
其処が演奏の「勝敗」を
ある意味決めると言うのに。
私はシュトラウスが
まるでハイドンの交響曲のように響くのが、残念でならない。
シュトラウスはナチに加担して
評判を落としたが
それも色濃く影響しているはず。
無機的になりがちな
シュトラウスの音に
どう命を与えるか。
それは技術ではなく
思想家の範疇だ。
複雑なものほど単純に。
重いものほど軽く持つ世界観。
むーらん

もっと深ーい話はメルマガで。

☟☟☟☟☟☟

今なら無料!電子書籍3点のお申込みは今すぐこちら⇩から!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です