【生きる上での大事なルール】

生きる上で
大事なルールがあるんだよ。

盗人にも五分の魂って言うじゃん。笑

別にドロボウだけじゃなくて
誰にも同じく、五分の魂はあるんだ。

俺にも。
あなたにも。

自分が仮に、前回話したように
光を観たとして

それは「世の中」的には
まちがいだ、
とされるんだよ。

普通はね。

だって、人とは違うだろ?

人と違えば、それは始めは
「間違い」なんだよ。

これだけDiversityと言ってたって
世の中、大して変わってねーからさ。

そんなもんだよ。

そこで問題は
「その大して変わんねー社会で
じゃあ、あんた、どうやって生きるのさ?」

って話なんだよな。

あなたが、周囲の話を真に受けて

あなたまでが、

周囲と違う自分を
「まちがい」にするかどうか。

そこが勝負なの。

答えを先に言うと、
周りは関係ないの。

あなたが「まちがい」だと思ったら
それで終わりなんよ。

そこでゲームオーバーなんだよ。

光を観るってことは
普通はね。

その光って、他の人には観えないの。

あなたにしか、観えないワケよ。

でも、昭和の時代は
みんなが同じものを
見えないとダメだ、

そんなもんは認めないって
学校で教わったんだよ。

それが、そもそも間違いだと
俺は思うんだ。

「お前らなんかに、観えてたまるか!」

くらいに思っとけって。笑

そのくらいで丁度いいんだから。

だって、みんなが同じモン観えたら
商売あがったりじゃん。笑

気持ち悪りーだろ?笑

みんなが
イチローにはなれないの。

あなたが
むーらんにもなれないの。

あなたには
あなたの道があるの。

だからこそ、
盗人にも観える道もあるわけさ。

それが「本当のはなし」なの。

別に盗人が正しい訳じゃないよ。

そういうことじゃなく。

バカはそう言って
人のアゲアシとるからさ。

一応言っておくけど。

盗人にも
五分の魂があるってことは

盗人にだって、
盗みの極意が、

ある時、きっと
観えたりするんだよ。

それを、面白おかしく書いたら
ルパン三世とか
生まれるんだと思う。

モンキー・D・ルフィーだって
あれ、海賊だろ?

海賊にだって、人生語れるし
盗人にだって、人生語れるんだよ。

観ている真実や光があるはず。

それは、誰にでも
必ず訪れる光なんだ。

みんな、それを
探しているんじゃないかな。

それは、
他人の行動を観ていても
見つからないんだよ。

自分を観ないと。

自分だけを、じっくり観て
向き合わないと。

音楽っていうのは
それを教えてくれるんだよ。

「自分との向き合い方」だな。

俺はたぶん
それを言うために
生まれて来たんだよな。

音楽家ってのは
本来「自分と向き合う」専門家なんだ。

音楽ってのは
巷で信じられているよりも
もっと、ずっと面白いもんだ、

ってことを言うために

俺は音楽をやっているんだよ。

音楽というのは、
ほんとスゲーんだぜ。

でもさ。

その凄さは
誰にでも彼にでも
分からなくていいの。

分かる人に分かればいい。

あなたの中にも、
そういう世界があるだろ?

それを守って
人は生きていくもんなんだよ。

そうやって生きれば
本当の幸せを見つけることは
必ずできる。

逆に、その光を得なければ

幸せとか、自由とかは
なかなか見つからないよ。

みんなが同じじゃないんだよ。

でももしあなたが
「自分と向き合ったら」

きっとあなたにも
光が見つかるから。

音の話じゃないんだ。
これは人生の大事なはなしだ。

やってごらんよ。

それから、
こんな文章読んでも
分かった気には、なるなよ。

でも、本当に何か感じたら
それは嬉しいことだよな。

たしかに。

むーらん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です