【音楽家が成長する時、そこには必ず「仲間」がいるという話】

本当にこころから
信じられる仲間。
ピアノを弾いていた頃は
そんなもの、欲しいとは
あまり思わなかった。
ひとりで弾いていたかったし
音楽をもっと知りたかったし。
音楽のなかに
常に何か
新しい発見があると
そう思っていたから。
ある時からピアノを離れて
指揮を始めてみてわかったんだけどさ。
音楽を一緒にやるからって
それが仲間とは限らないことも
いろいろやってみて
よくわかったよ。
そんなに甘いもんじゃなかった。笑
これまでたくさんの人に出会ったけれど
仲間だと思える人には
なかなか出会えなかったし。
でも、あきらめなかった。
途中でだいぶ、苦しくて
あきらめそうになったけれど
それを本当の仲間が助けてくれた。
そうやって、俺の音楽も
少しずつ変わって来たんだと思う。
だから、一人で音楽やってると
成長できないんじゃないか?
と思うようになった。
そして、今ではそれが
俺の確信だよ。
音楽を離れてみたらわかる。
音楽を離れても
結局は人と向き合い
そうやって
自分と向き合うことになるんだよ。
実はひとりで
音楽と向き合っても
自分ってやつを
超えられないんだ。
人と出会わないと
自分ってのは超えられないんだよな。
ピアノ弾いてたころは
気付かなかったけれど
やっぱり一人でやってると
どういうわけか
自分が成長できないんだよ。
当たり前のこと言ってると思うだろ?
でも、これが当たり前じゃないんだ。
結構多くの人が
世の中の仕組みに組み込まれて
「本当に出会う」ってことをしていない。
人との出会い。
自分との出会い。
これ、あんた、やってるかい?
出会うって、本気の本気なんだよ。
その出会いがないと
成長がないわけさ。
みんな、自分を隠して生きてるから
出会いって難しいんだよ。
弱みを隠さなきゃって思うし
結局は、どこかで
自分を誤魔化さないと
生きていけない、と
思い込んでるんじゃないかな。
でも、本気で生きたら
人との出会いそのものが
変わって来るんだよ。
本気で生きるには
そうやって
自分の道を選び取らなきゃならない。
そんな人生を歩いているか。
そこだよな。
本気で生きてりゃ
思わぬ人との出会いが生まれる。
あんたが引き寄せるんだよな。
そうやって仲間が生まれ
あんたは自分を見つめる鏡を持つんだ。
そこでやっと成長できて
あんたの音楽は
そこでようやく
変わって来るんだよ。
これ、多分どんな仕事でも
どんな生きざまでも
同じ話だと思うよ。
これまで会って来た連中
世界中で、みんなそうだったし。
間違いないと思うよ。
当たり前だと思うなよ。
これ、結構大変なんだぞ。笑
むーらん
追伸:やっぱりワン・ピースはおもしれーや。笑

もっと深ーい話はメルマガで。

☟☟☟☟☟☟

今なら無料!電子書籍3点のお申込みは今すぐこちら⇩から!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です