【自分の祖国に対する想いを知れ】

褒められて育った人と
叩かれて育った人。
これで未来がずいぶん変わるんだよね。
欠点を個性として育った人と
欠点を十字架として背負った人
これもまた、現在がだいぶ違ってくるはずなんだ。
どっちもありだし、
どっちでもいい。
ちゃんと対処さえできれば
どっちも魅力的になれる。
オトナになると
その人生には大きな開きが
出て来るのは
あなたもご承知の通り。
その開きとは
対処法をちゃんとやったか。
そこが勝負。
人間なんて
何らかの理由で
何かうまくいかないものを
必ず内に秘めて
生きているんだから
自分の人生を振り返って
苦労がないのなんて
まるで味のない
味噌汁みたいなもんだ。
苦労は買ってでもしろ!とは
よく言ったもんだ。
そんな苦労を
苦労ともしないで
ひた走るのもまた
愉しかろうけれど
そんな自分から抜け出せず
それをトラウマやカルマと呼んで
苦しむ場合もある。
これまた、そういった
問題をクリアさえすれば
その人間には
思わぬチカラが宿るものだ。
だから人生は面白い。
私はそう思う。
これ、実は
人の生き様だけではないんだよ。
国ってのは
これにまるごと当てはまる。
人の育て方ってのは
国の育て方にも
まるごと、そのまんま
使える話しなんだよね。
だから、どう育てるかが
大事だというわけさ。
褒められて育った国と
批判されて育った国。
日本はどっちかな。
人間のシンプルな気持ちを
大事にするよりも
インテリと言われる人たちが
理屈でこねくり回した結果
日本は常に外国に劣ると
言われ続けたんじゃなかったか。
だから、日本人は
自分の国に自信を
持てなくなったし
自分に自信を持てなくなった。
違うか?
必要のない厳しさや
無責任な他人事の批判に
常に晒されて来たんじゃ
なかったか。
それを今でも公然と続ける人が
多い事は、紛れもない事実。
でも日本を愛するなら
もっと日本を褒めた方が良い。
そうやって愛情をかけて育てれば
間違った方には
行かないものだ。
理屈を言って
日本の悪口を言いながら
日本人なのに
隣の気が狂ったトップを
褒めたりする人は
私の仲間ではないと思う。
何故、日本人なのに
中国や韓国を気にして
物言いをする人が
こんなに多いのか。
そんなに日本人は悪者なのか。
何故日本人である事に
誇りを持たないのか。
自信の持てない個人と
全く同じ現象である事に
気がついて愕然とした
この数日でした。
もっと自信持って良いと思うよ。笑
日本はすごい国だぜ。
追伸
やっぱりさ。
神社⛩を語ると右翼だと
昭和では言われてたって。
何人かの方に確認したよ。
酷い時代だったな。
もう、みんな忘れてんだろ?笑
神社だと右翼だけど
お寺なら大丈夫みたいな。笑
どんだけ自虐的な人なんだ。笑
自分の国を大事にすると
イデオロギーとして
右翼とか国粋主義者と
呼ばれた時代が昭和だったよ。
もっと純粋に自分の国や
自分たちに自信を持って
大丈夫だよ。

もっと深ーい話はメルマガで。

☟☟☟☟☟☟

今なら無料!電子書籍3点のお申込みは今すぐこちら⇩から!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です