【お前も海賊になれ!の巻】

僕の師匠のペーター・マークって人。
死んじゃったけど、今年が101周年。
去年は娘さんが日本にやって来たから
一緒にお祝いしてた。

彼がいつも言ってたよ。

「ダイ、俺は英国の海賊の子孫だ。
お前も海賊になれ!」

海賊ってのは、みんなイタリアが好きらしい。
マエストロもイタリアのヴェローナに
奥さんと娘さんと一緒に住んでいた。

因みに、彼女とか子供とか
結構いるんよ。

昔、ルガーノであった息子さんは
前の奥さんとの子供で
ジャーナリスト。

彼女さんも数知れず、沢山遭って来た。笑

その辺りも含めて、海賊ってのは
面白いと思っていた。

なにせ、80歳超えてんのに25歳と同棲してたから。

マエストロに「できるの?」と訊いたら怒った。笑

まあ、色気のある話は大事だけれど
大切なのは海賊ってところ。

そしてイタリア。

海賊はイタリアが好きらしい。
シチリアの島の方に行けば
結構ノルマン人たちの痕跡が沢山あるわけ。

だから、イタリアにいると
海賊たちが遺した子だねも
あちこちに散見される。

つまり、文化として定着しているわけ。

ところで。。。

日本でおなじみの海賊と言えば
尾田氏のONEPIECE。

最近Netflixで観られるので
一気に観ようとするが

これが沢山あって、なかなかに大変。

そこで気が付いたのが
尾田氏のストーリーに
たっくさんイタリア語が登場するって

あなた知ってた?

例えば数億ベリーの賞金首で
悪魔の子と言われた「ニコ・ロビン」さん。

手が千手観音のように出て来るのが
悪魔の実を食べた成果らしく

超能力で急場をしのぐ。

その中でも強敵にはいつも
でっかい手が出て来る。

それを尾田氏は
Gigantesco Mano
「ジガンテスコ・マーノ」と呼ぶ。

これもまた、イタリア語で
でっかい手の意味。

ちゃんとイタリア語をそのまんま
採用しているところも
海賊らしいというわけ。

海賊はイタリア語が好きらしい。

俺は海賊王になる!という
ルフィ―には
みんなが憧れる。

音楽家ってのは
マエストロが言っていたように

やっぱり海賊にならないと
ダメもしれないな。

正義とか背負って
表だけ良い格好している
海軍じゃダメだろ。

やっぱり革命軍か
海賊やらにゃ
いかんぜよ。笑

むーらん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です