【点と息のはなし】

昨日はH.I.S.の経営者育成財団である
澤田経営道場というところで
一日講義をして
自分で言うのもなんですが
若々しい33歳の話(爆)ができて
観る人もやる人もためになる(笑)
時間を過ごせたんですね。
立ちっぱなし。6時間かな。
オケの前で立つのと同じ。
音楽がないので
言葉でカヴァー。
流れは止めない。
これがむーらん流です。
音楽って
指揮法を間違えると
流れが止まるんです。
だから、ロシアとか手を回してるだけ。笑
イリア・ムーシンという
ゲルギエフとかがならった先生は
腕を回すだけ。
それで充分なんですね。
でも点を打つのが流行ってましたね。
わたしが日本に帰るまで。(爆)
点を打つ指揮をする人は
歌えないんですよ。
フレーズの息が止まるんです。
これ、謡とか鼓とか
やる人ならわかります。
人前でしゃべる人も分かるはず。
関西弁が流れるのに
標準語は子音で流れが止まるのに似てます。
わかります?
歌って難しいの。
常に息を回していないと。
それと同じ。
6時間講義しても
止まらない。
だから眠くなりにくい。爆
ほんで、新しい真理にたどり着きました。
私、相手のなかに入り込んで
相手の中身をひっかきまわすの得意でして。
そこから、時代の流れを抽出します。
若手経営者のなかに眠る
未来への遺伝子。
それが私という鏡を得て
どんどん情報を流してくれます。
若い世代はみんな
大人です。
つまり魂レベルの高い人が
きっと生まれ変わって来ているんですね。
そして、一人一人が
自分のミッションを持っている。
それが点で息が吸えなくなって
困っているのを
息を入れて回してあげると
勝手にエネルギーが回り出すのを
横目で見ながらシメシメ。
そんな講義でした。
ご参加のみなさん。ありがとうございました。
また一段と若返りました。笑
むーらんより
追記:みんな。いつでもおいで。鏡になってあげるから。

もっと深ーい話はメルマガで。

☟☟☟☟☟☟

今なら無料!電子書籍3点のお申込みは今すぐこちら⇩から!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です